コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

Olympiodōros(錬金術) Olympiodoros

世界大百科事典内のOlympiodōros(錬金術)の言及

【錬金術】より

…しかし,この起源は遠くおもに古代エジプトと古代ギリシアに求めるのが穏当であろう。chemy(=chemistry)の起源をめぐっては,資料を文献の上から提示しているゾシモス(3~4世紀)がchem(khem)という言葉のエジプト語起源を,オリュンピオドロスOlympiodōros(6世紀)はchymeia(chēmeia)というギリシア語起源を示唆している。 錬金術では,エジプト語のkhemet(黒い土)という言葉のもつ神秘性,万物がそこから生まれる聖なる始源という意味が重要である。…

※「Olympiodōros(錬金術)」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

Olympiodōros(錬金術)の関連キーワードファン・ルイス ゲラフェラーリ夜明けの門ノッサセニョーラドロザリオ教会ホザーリオドスプレートス教会ロザリオドスプレートス教会トト・ザ・ヒーローレーロース鉱山都市とその周辺英雄時代オクシモロン

今日のキーワード

やおら

[副]1 ゆっくりと動作を起こすさま。おもむろに。「やおら立ち上がる」2 静かに。そっと。「姫君、御硯(すずり)を―引き寄せて」〈源・橋姫〉[補説]文化庁が発表した平成18年度「国語に関する世論調査」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android