コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

さいRhinocéros

翻訳|Rhinocéros

5件 の用語解説(犀の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説


さい
Rhinocéros

フランスの戯曲。3幕4場,E.イヨネスコ作。 1959年出版。同年,ジュッセルドルフでストルー演出により初演。フランスでは 60年,パリのオデオン座で J.バロー演出により初演。イヨネスコは D.ルージュモンがナチスの大会で経験したヒトラー歓迎の集団ヒステリー症状の話を聞き,それに着想を得て 57年,短編小説『犀』を発表し,翌 58年戯曲に完成した。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

さい【×犀】

奇蹄(きてい)目サイ科の哺乳類の総称。陸上では象に次ぐ巨獣で、皮膚は厚く、毛はほとんどない。鼻先にある1本または2本の角は皮膚が角質化したもので、漢方では珍重される。東南アジアアフリカに5種が分布、いずれも国際保護動物
[補説]書名別項。→

さい【犀】[漢字項目]

人名用漢字] [音]サイ(呉) セイ(漢)
獣の名。さい。「犀角霊犀
するどい。「犀利
[難読]木犀(もくせい)

さい【犀】[書名]

文芸雑誌。昭和39年(1964)に立原正秋高井有一らが創刊。同人に加賀乙彦後藤明生がいる。

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

さい【犀】

サイ科の哺乳類の総称。陸生の草食動物では象に次いで大きく、肩高1.4~2メートル。四肢は太く短く三指がある。表皮は硬く、毛はほとんどない。鼻の上または額に一または二本の角をもつ。南アジアとアフリカに五種がすむが、いずれも数が激減している。

出典|三省堂
大辞林 第三版について | 情報

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone

犀の関連情報