コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

Opuntia maxima Opuntiamaxima

世界大百科事典内のOpuntia maximaの言及

【サボテン】より


[渡来]
 ヨーロッパへは,16世紀にウチワサボテンの仲間が渡来した。日本では貝原益軒の《和爾雅(わじが)》(1688)に出てくる覇王樹(はおうじゆ)(トウナツ)が最初の記録で,ウチワサボテンのオオガタホウケン(大型宝剣)Opuntia maxima Mill.(イラスト)と思われる。ウチワサボテン以外は天保(1830‐44)以降に渡来した。…

※「Opuntia maxima」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

Opuntia maximaの関連キーワードサボテン科カボチャコチニールカイガラムシウチワサボテン金烏帽子大形宝剣単刺団扇オオハネモカボチャセイヨウカボチャ

今日のキーワード

あおり運転

危険運転の一種で、前方を走行する車両に対する嫌がらせ行為。車間距離を極端に詰めて道を譲るように強要する、猛スピードで追い回す、ハイビームやパッシング、並走しての幅寄せなどで威嚇する、といった行為が該当...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android