コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

Opuntia maxima Opuntiamaxima

世界大百科事典内のOpuntia maximaの言及

【サボテン】より


[渡来]
 ヨーロッパへは,16世紀にウチワサボテンの仲間が渡来した。日本では貝原益軒の《和爾雅(わじが)》(1688)に出てくる覇王樹(はおうじゆ)(トウナツ)が最初の記録で,ウチワサボテンのオオガタホウケン(大型宝剣)Opuntia maxima Mill.(イラスト)と思われる。ウチワサボテン以外は天保(1830‐44)以降に渡来した。…

※「Opuntia maxima」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

Opuntia maximaの関連キーワードオオハネモカボチャセイヨウカボチャシンジュガイ(真珠貝)トガリバガ

今日のキーワード

VR蓮舫

民進党・蓮舫代表による国会審議での追及をVR(仮想現実)空間で体験できるゲーム。専用のゴーグルを装着すると映像が流れ、国会の場に立つ総理大臣として蓮舫代表に追及される疑似体験が楽しめる。体験者は器具で...

続きを読む

コトバンク for iPhone