コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

コチニールカイガラムシ

百科事典マイペディアの解説

コチニールカイガラムシ

半翅(はんし)目マルカイガラムシ科の昆虫の1種。雌は卵円形,体長2mm内外,無翅,血赤色,白蝋物質でおおわれる。雄は細長く,有翅。エンジムシともいう。サボテンに寄生し,中南米に分布。
→関連項目カイガラムシ

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

コチニールカイガラムシ【cochineal insect】

半翅目コチニールカイガラムシ科の昆虫。虫体からコチニール(洋紅染料)が得られるのでこの名がある。また,その色からエンジムシ(臙脂虫)とも呼ばれる。中南米に産し,日本には分布しない。雌成虫は広楕円形,成熟すると体長5mmほどになる。虫体は白色の蠟質分泌物で覆われ,外観的にはコナカイガラムシに似る。ウチワサボテン属Opuntiaのサボテンに寄生し,終生,脚を有するが,ほとんど移動することはない。しばしば群生し,綿塊状の分泌物に埋もれて繁殖する。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

世界大百科事典内のコチニールカイガラムシの言及

【臙脂】より

…樹枝に寄生した雌のラックカイガラムシの分泌物が染料に利用されたのである。ラックカイガラムシは古代インドでもラックダイという染料として用いられたが,このほかサボテンに寄生するコチニールカイガラムシすなわちエンジムシ(臙脂虫)から得られたコチニールは,古代インカなど中南米で使用された。古代フェニキアのケルメス,ヨーロッパでカーミンと呼ばれるものはタマカイガラムシの一種から得られた染料だと思われる。…

【カイガラムシ(介殻虫)】より

…ラックカイガラムシLaccifer laccaの分泌物を精製して得られるシェラックは,塗料,接着剤,電気絶縁材,レコード盤などきわめて広い用途をもち,インドや東南アジア諸国で養殖されたものが大量に輸入されていた。また,メキシコ産のコチニールカイガラムシの虫体から得られるえんじ色の色素は,食紅や各種染料として用いられ,現在もわずかながら養殖が行われている。【河合 省三】。…

【害虫】より

…また有用昆虫などで,その需要の変遷によってその評価が変わる例もある。例えばラックカイガラムシやコチニールカイガラムシは,ラッカーや染材原料をとる有用虫として利用することがなくなったところでは,一般害虫とされるようになり,アイが染料用に栽培されたころは,その葉を食べるものは害虫であったが,栽培せず雑草化したときには雑草防除に役だつ益虫とされるようにもなった。要するに害虫とか益虫というのは,あくまでも人と虫との相対的な関係からの呼名である。…

※「コチニールカイガラムシ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

コチニールカイガラムシの関連キーワードコチニールレッドカーマイン口紅

今日のキーワード

処暑

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の7月中 (7月後半) のことで,太陽の黄経が 150°に達した日 (太陽暦の8月 23日か 24日) に始り,白露 (9月8日か9日) の前日までの約 15日間であ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android