コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

PCMハイアラーキー ピーシーエムハイアラーキーPCM hierarchy

世界大百科事典 第2版の解説

ピーシーエムハイアラーキー【PCMハイアラーキー PCM hierarchy】

PCMとはパルス符号変調pulse code modulationの略で,アナログ信号をディジタル信号に変換する技術の一つである。電話信号をPCM変換すると64キロビット/s(kbps)のディジタル信号となる。電話は複数回線の束に多重化して伝送されており,この回線束が標準化されている。日本では24回線束(1.544Mbps)を1次群,1次群を4本多重化した96回線束(6.312Mbps)を2次群と呼んでいる。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

PCMハイアラーキーの関連キーワードパルス通信ADPCMデジタルオーディオパルス符号変調有線通信清水エスパルスPCM放送録画PCM復調回路

今日のキーワード

グランピング

「グラマラス(Glamorous)」と「キャンピング(Camping)」を掛け合わせた造語で、ホテル並みの設備やサービスを利用しながら、自然の中で快適に過ごすキャンプのこと。従来型のキャンプとは一線を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android