コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

PCMハイアラーキー ピーシーエムハイアラーキー PCM hierarchy

1件 の用語解説(PCMハイアラーキーの意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

ピーシーエムハイアラーキー【PCMハイアラーキー PCM hierarchy】

PCMとはパルス符号変調pulse code modulationの略で,アナログ信号ディジタル信号に変換する技術の一つである。電話信号をPCM変換すると64キロビット/s(kbps)のディジタル信号となる。電話は複数回線の束に多重化して伝送されており,この回線束が標準化されている。日本では24回線束(1.544Mbps)を1次群,1次群を4本多重化した96回線束(6.312Mbps)を2次群と呼んでいる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

PCMハイアラーキーの関連キーワードADPCMパルス符号変調PCMPAMパルス変調録音PWM適応的差分パルス符号変調PFM

今日のキーワード

カルテット

四重唱および四重奏。重唱,重奏の形態のなかで最も基本的なもので,声楽ではルネサンスの多声歌曲の形式であるシャンソンやフロットラから始り長い歴史をもつ。器楽も同様で,特に弦楽四重奏は室内楽の全レパートリ...

続きを読む

コトバンク for iPhone