コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

PCMハイアラーキー ピーシーエムハイアラーキーPCM hierarchy

世界大百科事典 第2版の解説

ピーシーエムハイアラーキー【PCMハイアラーキー PCM hierarchy】

PCMとはパルス符号変調pulse code modulationの略で,アナログ信号をディジタル信号に変換する技術の一つである。電話信号をPCM変換すると64キロビット/s(kbps)のディジタル信号となる。電話は複数回線の束に多重化して伝送されており,この回線束が標準化されている。日本では24回線束(1.544Mbps)を1次群,1次群を4本多重化した96回線束(6.312Mbps)を2次群と呼んでいる。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

PCMハイアラーキーの関連キーワードパルス通信ADPCMデジタルオーディオパルス符号変調有線通信清水エスパルスPCM放送録画PCM復調回路

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android