金子(読み)カネコ

大辞林 第三版の解説

かねこ【金子】

姓氏の一。

きんす【金子】

金の貨幣。
金銭・おかね・貨幣などの古めかしい言い方。 「 -十両」 「 -を恵む」

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

かな‐こ【金子】

〘名〙 江戸時代、鉱山の山師と手子(掘子)の中間にあった採鉱人。山師から一敷の領分(約四百平方尺)を下請けし、少数の掘大工や手子を抱えて働いた。〔梅津政景日記‐慶長一七年(1612)六月一四日〕

きん‐す【金子】

〘名〙 (「す」は「子」の唐宋音) 金の貨幣。また、広義では単に通貨のこと。
※京都上京文書‐永祿一二年(1569)三月一六日・精撰追加条々「付、金子は拾両之代拾五貫文、銀子は拾両之代弐貫文たるべし」
※浮世草子・日本永代蔵(1688)四「金子(キンス)壱枚宛の桟敷(さんじき)を、京・大坂に続ては、堺へ取ける」
[語誌]もともとは、金貨の造られていなかった中世に、秤量貨幣として用いた金のことをいい、同様に秤量貨幣の銀を「銀子(ぎんす)」といった。後に金貨が造られてからも、金貨幣を指す語として用いられ、広義には貨幣全般をも指す。関西では、銀貨中心の経済だったので、「銀子」が多く用いられた。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

人望

信頼できる人物として、人々から慕い仰がれること。「人望を集める」「人望を失う」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

金子の関連情報