コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

RAMディスク らむでぃすく

ASCII.jpデジタル用語辞典の解説

RAMディスク

コンピューターに実装されているメインメモリー(RAM)の一部、または外付けRAMを記憶装置として用いる方法。RAMドライブとも呼ばれる。ハードディスクに比べるとファイルの読み書きが高速だが、電源を切るとデータは消去されるので、補助記憶装置などに保存しておく必要がある

出典 ASCII.jpデジタル用語辞典ASCII.jpデジタル用語辞典について 情報

デジタル大辞泉の解説

ラム‐ディスク【RAMディスク】

RAM disk》コンピューターのメーンメモリーの一部を仮想的なディスクドライブとして利用すること。ハードディスクに比べ、物理的アクセスがないのでデータのやり取りが高速になる。電源を切ると、データも消失する。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

RAMディスクの関連キーワードアシスタント・ツールボックスLive Linuxエクステンドメモリーコンピューター仮想ドライブ

今日のキーワード

隗より始めよ

《中国の戦国時代、郭隗(かくかい)が燕(えん)の昭王に賢者の求め方を問われて、賢者を招きたければ、まず凡庸な私を重く用いよ、そうすれば自分よりすぐれた人物が自然に集まってくる、と答えたという「戦国策」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android