REM睡眠行動障害

内科学 第10版「REM睡眠行動障害」の解説

REM睡眠行動障害(睡眠異常)

(6)REM睡眠行動障害(REM sleep behavior dis­oroder:RBD)
 軽症例では寝言や床の中で四肢の異常運動がみられる程度であるが,重症例では徘徊したり,過激な情動表出や暴力行動がみられる.本症の60%は特発性であるが,Parkinson病,びまん性Lewy小体病などの神経変性疾患の症状としても重要である.[黒岩義之]
■文献
大川匡子,内山 真:睡眠障害.ダイナミック神経診断学(柴崎浩編),pp303-312,西村書店,新潟,2001.

出典 内科学 第10版内科学 第10版について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

ワールドカップ

4年ごとに開催されるサッカーの世界選手権。国際サッカー連盟(FIFA(フィファ))が主催し、その加盟協会の代表チームによって争われる。[大住良之]概要FIFA傘下の6地域連盟ごとの「予選大会」と、それ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android