コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

RFM分析

流通用語辞典の解説

RFM分析

データベースを使ったターゲット・マーケティングで、顧客の過去の購買履歴を分析する手法。RはRecencyでもっとも最近購入された年月日であり、FはFrequencyで過去1年などの一定期間に何回購入されたかの購入回数、MはMonetaryで一定期間での購買金額を意味する。それぞれに企業独自に設定されたウェイトをつけ、その合計の評価点で、ダイレクトメールを送ったり、カタログを送ったりするときの顧客絞込み判断材料とする。RFM評価方式を利用することによってレスポンス率を高めようとするモデル。販売商品をカテゴリー別に分け、カテゴリーでのRFMを分析する手法もとられている。RFMセルコード分析はRFMそれぞれを基準によってランク化し、顧客をグループ化するモデルである。

出典|(株)ジェリコ・コンサルティング流通用語辞典について | 情報

マーケティング用語集の解説

RFM分析

Recency(最新購買日)、Frequency(購買頻度)、Monetary(購買金額)の頭文字を取った分析手法。この3つの要素の組み合わせで顧客にランク付けし、セグメンテーションする際に使用される。

出典|マーケティングキャンパスマーケティング用語集について | 情報

RFM分析の関連キーワードダイレクト・マーケティングRFM Cell Codeデータベース

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

RFM分析の関連情報