コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

RIP リップRIP

翻訳|RIP

ASCII.jpデジタル用語辞典の解説

RIP

Routing Information Protocolの略。UDP/IP上で動作するルーティングプロトコル。「距離(Distance)」と「方向(Vector)」を使って経路を制御するディスタンスベクター(Distance Vector)方式を採用している。RIPでは、どれだけのルーターを経由すれば通信先にデータが届くかを数値化した「ホップ数」を元に、最小のホップ数で到達できる経路を最適と判断する。IPアドレス、次のホップ先、ホップ数などの経路情報は「ルーティングテーブル」と呼ばれるデータベースに登録されているが、RIPではルーター間でこれらの情報を交換し、定期的に更新する。これにより障害時やルーターの追加・設定変更などに対しても、動的に経路を変更していくことが可能になっている。ただし、最大ホップ数が15という制限があるので、ルーターが16台以上のネットワークには対応できない。RFC1058で定義された「RIP version 1(RIPv1)と、RFC2453で改訂された「RIP version 2(RIPv2)」がある。RIPv2はサブネットマスクに対応し、認証機能などが追加された拡張版であり、現在はRIPv2が利用されている。Routing Information Protocolネットワークにおいて、目的地までの経路を決定し、ルーティングの制御を行うプロトコル。経路は、ルーターの数をもとにして最短のものを採用する。しかし、ネットワーク負荷や回線の太さが経路の決定要因にならないなどの問題があるため、その後開発されたOSPFへの移行が進んでいる。ルータールーティングOSPFRaster Image Processorページレイアウトソフトなどで作成したPostScriptデータを、プリンターやイメージセッタの出力解像度に合わせてビットマップデータに変換するハードウェア、またはソフトウェアのこと。PostScriptビットマップ画像

出典 ASCII.jpデジタル用語辞典ASCII.jpデジタル用語辞典について 情報

RIPの関連キーワードAdobe Acrobat DistillerWindows Scripting HostPostScript Level 2PostScriptプリンターブシネスクの近似(流体力学)Action ScriptLEGATOSCRIPTダイナミックルーティング非PostScriptアクティブスクリプトCPSソフトリッパーTranscriptECMAScriptFUNKASTICフォントワークス第二中間値の定理スケッチ・ブックCDリッピングActiveX黄昏サラウンド

今日のキーワード

悪魔の証明

証明が非常に困難なものごとを表す比喩表現。古代ローマ法において所有権の帰属証明が極めて困難であったことから、この言葉が初めて用いられたとされている。現代においては、権利関係や消極的事実の証明に関する法...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

RIPの関連情報