RNAレプリカーゼ(読み)アールエヌエーレプリカーゼ(英語表記)RNA replicase

世界大百科事典 第2版「RNAレプリカーゼ」の解説

アールエヌエーレプリカーゼ【RNAレプリカーゼ RNA replicase】

ウイルスRNAの複製に関与する酵素RNAウイルスは遺伝子本体としてRNAを粒子内にもつ。このRNA分子が感染細胞内で複製される反応は,宿主ゲノムの複製(DNA複製)とは異なった機構で行われ,ウイルスゲノム由来の酵素(または酵素のサブユニット)が関与する。RNAの複製過程は,遺伝子RNAが一重鎖である場合(例えばインフルエンザウイルス),二重鎖である場合(レオウイルス)等の差異にもとづき,異なった機構で起こり,関与する酵素も種々の名称で呼ばれる(例えばRNA依存性RNAポリメラーゼ)。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報