コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

Rosenbusch,H. RosenbuschH

世界大百科事典内のRosenbusch,H.の言及

【岩石学】より

… 歴史的に見ると,岩石の記述が18世紀末ごろから多く行われた。そして19世紀後半に顕微鏡による岩石の観察がドイツのツィルケルF.ZirkelやローゼンブッシュH.Rosenbuschなどにより精力的に行われ,岩石の記載,命名,分類などが体系化したことによって,記載的岩石学は地質学の一つの分野として確立した。19世紀末から20世紀初めにかけて,岩石の成因の考察に物理化学とくに化学熱力学あるいは化学平衡論が導入されるようになり,成因的岩石学が急速に発展した。…

※「Rosenbusch,H.」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

Rosenbusch,H.の関連キーワード粒状組織アルカリ岩霞石閃長岩セラル岩カンプトン岩アルフェリック金属原子数原子番号ズーフォリック岩多源

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android