コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

粒状組織 りゅうじょうそしき granulose texture

2件 の用語解説(粒状組織の意味・用語解説を検索)

岩石学辞典の解説

粒状組織

白粒岩(granulite)に特有の組織で,石英,長石,石榴石,輝石の粒状鉱物の縞が,肉眼的または顕微鏡的に交互に発達したもの[Holmes : 1920].それぞれの層は色,構造,鉱物組成が異なるが,片状や柱状の鉱物に欠けるため葉状組織は見られない.この組織とグラニュライト組織との間に混乱が見られ,片麻岩中の石英長石質の縞の組織にも使用される.

粒状組織

おおよそ等粒の鉱物が集合した組織である.火成岩のみならす破砕岩,再結晶岩にも用いる[Macculloch : 1821, Rosenbusch : 1887].完晶質粒状組織(holo-crystalline granular texture)[Rosenbusch : 1882].

出典|朝倉書店
Copyright (C) 2009 Asakura Publishing Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

粒状組織の関連キーワード土地柄眼球白粒岩アモウサイト点紋白粒岩トラップ白粒岩白粒片岩フォレレン白粒岩片麻白粒岩野白粒岩白粒片麻岩

今日のキーワード

日本政策投資銀行

1999年に日本開発銀行と北海道東北開発公庫を統合し、発足した政府系総合政策金融機関。一般の金融機関が行なう金融などを補完・奨励し、長期資金の供給などを行ない、日本の経済社会政策に金融上で寄与していく...

続きを読む

コトバンク for iPhone