コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

粒状組織 りゅうじょうそしきgranulose texture

2件 の用語解説(粒状組織の意味・用語解説を検索)

岩石学辞典の解説

粒状組織

白粒岩(granulite)に特有の組織で,石英,長石,石榴石,輝石の粒状鉱物の縞が,肉眼的または顕微鏡的に交互に発達したもの[Holmes : 1920].それぞれの層は色,構造,鉱物組成が異なるが,片状や柱状の鉱物に欠けるため葉状組織は見られない.この組織とグラニュライト組織との間に混乱が見られ,片麻岩中の石英長石質の縞の組織にも使用される.

粒状組織

おおよそ等粒の鉱物が集合した組織である.火成岩のみならす破砕岩,再結晶岩にも用いる[Macculloch : 1821, Rosenbusch : 1887].完晶質粒状組織(holo-crystalline granular texture)[Rosenbusch : 1882].

出典|朝倉書店
岩石学辞典について | 情報

粒状組織の関連キーワードベールバッハ岩ナミエステルスタイン白粒岩白粒片岩白粒片麻岩グラノライト輝岩

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone