コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

粒状組織 りゅうじょうそしきgranulose texture

岩石学辞典の解説

粒状組織

白粒岩(granulite)に特有の組織で,石英,長石,石榴石,輝石の粒状鉱物の縞が,肉眼的または顕微鏡的に交互に発達したもの[Holmes : 1920].それぞれの層は色,構造,鉱物組成が異なるが,片状や柱状の鉱物に欠けるため葉状組織は見られない.この組織とグラニュライト組織との間に混乱が見られ,片麻岩中の石英長石質の縞の組織にも使用される.

粒状組織

おおよそ等粒の鉱物が集合した組織である.火成岩のみならす破砕岩,再結晶岩にも用いる[Macculloch : 1821, Rosenbusch : 1887].完晶質粒状組織(holo-crystalline granular texture)[Rosenbusch : 1882].

出典 朝倉書店岩石学辞典について 情報

粒状組織の関連キーワードインタースティシャル組織グラニュローズ組織オフィティック組織ディトゥロ閃長岩アニソメラス岩石ベールバッハ岩半自形等粒組織ホルンフェルスグラニュライト全自形等粒組織アシノーズ組織花崗岩状組織自形等粒組織ヘレフリンタ他形粒状組織白粒岩状組織柱状粒状組織他形等粒組織フォイア岩等粒状組織

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android