コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

霞石閃長岩 かすみいしせんちょうがん

岩石学辞典の解説

霞石閃長岩

eleolite-syenite: ネフェリン閃長岩と同義.不純物あるいは変質して暗色となったネフェリンをエレオライト(elaeolite)といい,油状やグリース状光沢が見える.間違った使用であるが,粗粒で大きなワックス状のネフェリンの大きな結晶を含む岩石に限定して用いることがある[Blum : 1861, Rosenbusch : 1878].
nepheline-syenite: 粗粒で優白質な顕晶質の火成岩で,粒状または准粗面状(trachytoid)の組織を示す岩石の一般的な名称.主としてアルカリ長石とネフェリンからなり,少量のマフィック鉱物が含まれる.マフィック鉱物は一般にアルカリ角閃石またはアルカリ輝石,または両方を含む.ネフェリンは5%以上で平均20%くらい含まれる.ネフェリン以外の准長石が含まれることがある.化学組成が響岩に相当する深成岩である[Rosenbusch : 1878].

出典|朝倉書店岩石学辞典について | 情報

霞石閃長岩の関連キーワードノルドストランド石霞石閃長斑岩ペグマタイトエジリン輝石コランダムサファイアベスブ石ベーム石閃長岩霞石

今日のキーワード

処暑

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の7月中 (7月後半) のことで,太陽の黄経が 150°に達した日 (太陽暦の8月 23日か 24日) に始り,白露 (9月8日か9日) の前日までの約 15日間であ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android