コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

Rudradāman Rudradaman

世界大百科事典内のRudradāmanの言及

【クシャトラパ】より

…(1)の王朝は1世紀後半(あるいは2世紀初め)に出たナハパーナNahapānaのもとに強力となり,デカン北部に進出したが,サータバーハナ朝のガウタミープトラ・シャータカルニGautamīputra Śātakarniに滅ぼされた。(2)の王朝は1世紀後半(あるいは2世紀前半)のチャシュタナCaṣṭnaのもとに強力となり,その孫ルドラダーマンRudradāman(130‐150ころ)の時代に最盛期を迎えた。ルドラダーマンはサータバーハナ朝と婚姻関係を結ぶとともに,西インド,中央インドからデカン北部に至る大領土を支配した。…

【サカ】より

…王はサータバーハナ朝を退けてウッジャインにまで勢力を伸ばした。チャシュタナの孫のルドラダーマンRudradāman王は大規模な治水灌漑事業を行ったことで広く知られ,王の治績は長大なサンスクリット碑文に伝えられている。この王統は4世紀末にグプタ朝によって滅ぼされるまで続いた。…

※「Rudradāman」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

Rudradāmanの関連キーワード数理言語トクナガクニハルマンズ・マンズ・ワールドIEEE802.16綿貫正市田中完なべやかん杉谷一隆水沢駿PAC-MAN

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone