Rudradāman(英語表記)Rudradaman

世界大百科事典内のRudradāmanの言及

【クシャトラパ】より

…(1)の王朝は1世紀後半(あるいは2世紀初め)に出たナハパーナNahapānaのもとに強力となり,デカン北部に進出したが,サータバーハナ朝のガウタミープトラ・シャータカルニGautamīputra Śātakarniに滅ぼされた。(2)の王朝は1世紀後半(あるいは2世紀前半)のチャシュタナCaṣṭnaのもとに強力となり,その孫ルドラダーマンRudradāman(130‐150ころ)の時代に最盛期を迎えた。ルドラダーマンはサータバーハナ朝と婚姻関係を結ぶとともに,西インド,中央インドからデカン北部に至る大領土を支配した。…

【サカ】より

…王はサータバーハナ朝を退けてウッジャインにまで勢力を伸ばした。チャシュタナの孫のルドラダーマンRudradāman王は大規模な治水灌漑事業を行ったことで広く知られ,王の治績は長大なサンスクリット碑文に伝えられている。この王統は4世紀末にグプタ朝によって滅ぼされるまで続いた。…

※「Rudradāman」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

刑事免責

刑事訴訟において,自己が刑事訴追を受けるおそれがあるとして証人が証言を拒否した場合に,証言義務を負わせることと引換えにその罪についての訴追の免除の特権 (免責特権) を裁判所が与えること。アメリカ合衆...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android