コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

Sömmering,S.T.von SommeringSTvon

世界大百科事典内のSömmering,S.T.vonの言及

【電気】より

…その後電気分解の現象はただちに,通信に利用することが試みられた。09年にドイツのゼンメリングSamuel Thomas von Sömmering(1755‐1830)は,アルファベットの数だけ並べたガラス管内に,電気分解による気泡を発生させることによって通信文を送ることを考え,その装置を作った。しかし,電気分解を応用する方法が実用化されるより前に,デンマークのH.C.エルステッドによって電流の磁気作用が発見され,電流を通した導線のそばにおかれた磁針の振れによって通信を送る方法が発展した。…

【胴】より

…今日のフランス人形のモデルのような細い胴に締め上げるコルセットがその体型をつくったが,このころコルセットの弊害も指摘されている。マリー・アントアネットの時代にすでに,ドイツの医学者ゼンメリングS.T.von Sömmeringは胸郭下部をすぼめて内臓諸器官を圧迫することを警告した(1785)。フランス革命後はコルセットもすたれ,女性の胴は圧迫から免れたが,王制に復帰すると再び流行して,鯨のひげや金属枠の入ったコルセットが大衆化していった。…

※「Sömmering,S.T.von」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

Sömmering,S.T.vonの関連キーワード官房学派パトチュカ利益法学ヘルダー教会シュラーギントワイト兄弟ドクトル・マブゼSiemensシュレーゲルフンボルトモルトケ

今日のキーワード

跋扈

[名](スル)《「後漢書」崔駰伝から。「跋」は越える意、「扈」は竹やな》魚がかごを越えて跳ねること。転じて、ほしいままに振る舞うこと。また、のさばり、はびこること。「軍閥の跋扈」「悪辣な商売が跋扈する...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android