SCK-201形漢字鍵盤さん孔機(読み)SCK201がたかんじけんばんさんこうき

事典 日本の地域遺産の解説

SCK-201形漢字鍵盤さん孔機

(岩手県花巻市大畑9-92-6 (株)新興製作所)
情報処理技術遺産」指定の地域遺産。
1968(昭和43)年新興製作所により可搬型のSCK-201形漢字鍵盤さん孔機が開発された。多段シフト方式の鍵盤より漢字・かな交じり文を入力し、紙テープにさん孔して出力するものであった

出典 日外アソシエーツ「事典 日本の地域遺産」事典 日本の地域遺産について 情報

今日のキーワード

スト破り

ストライキの際、使用者側について業務を続けること。特に、使用者がストライキに対抗して雇用者の一部や外部からの雇用者を就業させること。また、その労働者。スキャッブ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android