鍵盤(読み)けんばん

精選版 日本国語大辞典 「鍵盤」の意味・読み・例文・類語

けん‐ばん【鍵盤】

〘名〙
ピアノオルガンなどの、指先で押して音を出す部分。鍵。キー
※火の柱(1904)〈木下尚江〉一五「洋琴の前に座したるは山本梅子〈略〉只だ鍵盤に俯せる梅子の」
タイプライターワープロなどの指でたたくボタン。キー。
芝刈(1921)〈寺田寅彦〉「殊に文句に絶えず頭を使ひながら急き込んで印字機の鍵盤をあさる時」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉 「鍵盤」の意味・読み・例文・類語

けん‐ばん【鍵盤】

ピアノ・タイプライターなどで、キーの並んでいる部分。キーボード
[類語]キーボード

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典 「鍵盤」の意味・わかりやすい解説

鍵盤
けんばん
keyboard

半音階的に並んだ鍵の配列手指 (ピアノ,チェンバロ,ハーディ・ガーディなど) ,足 (オルガンのペダル鍵盤) ,またはこぶし (カリヨン) で弾く。前 250年頃,ギリシアのオルガン,ヒドラウリスに初めて用いられ,以後多く楽器応用。鍵盤のある楽器を鍵盤楽器と呼ぶ。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

普及版 字通 「鍵盤」の読み・字形・画数・意味

【鍵盤】けんばん

ピアノのキー。

字通「鍵」の項目を見る

出典 平凡社「普及版 字通」普及版 字通について 情報

世界大百科事典内の鍵盤の言及

【鍵盤楽器】より

…鍵盤を操作して演奏する楽器の総称。しかし,これは鍵盤を有するという形態および演奏法による便宜的な分類で,発音体や発音原理に基づく厳密な楽器学上の分類用語ではない。…

【入出力装置】より

…現在はコンピューターの出力装置としてはあまり使われていない。キーボード(鍵盤)keyboardキー(押しボタンスイッチ)を配列した入力装置。英文タイプライターとほぼ同様の順でキーを配列した(QWERTY配列と呼ばれる)キーボードが,1950年代以前から入力装置として使われてきた。…

※「鍵盤」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

暖冬

冬期3カ月の平均気温が平年と比べて高い時が暖冬、低い時が寒冬。暖冬時には、日本付近は南海上の亜熱帯高気圧に覆われて、シベリア高気圧の張り出しが弱い。上層では偏西風が東西流型となり、寒気の南下が阻止され...

暖冬の用語解説を読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android