コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

SXGA+ えすえっくすじーえーぷらす

ASCII.jpデジタル用語辞典の解説

SXGA+

ディスプレイの解像度のひとつ。1400×1050ドットの解像度のこと。SXGAを拡張したもの。

出典 ASCII.jpデジタル用語辞典ASCII.jpデジタル用語辞典について 情報

パソコンで困ったときに開く本の解説

SXGA+

 パソコンの画面を、1400×1050ドットで表示するモードのことです。SXGAより少し表示能力が高いため、「+(プラス)」が付いています。ワイド表示のWSXGA+は、1680×1050ドットです。

出典 (株)朝日新聞出版発行「パソコンで困ったときに開く本パソコンで困ったときに開く本について 情報

カメラマン写真用語辞典の解説

SXGA+

 1400×1050ピクセルの解像度を指す。 SXGA を縦横それぞれ120、26ピクセル広げた。これによってアスペクト比が4:3となっているのが特徴。Super eXtended Graphics Array plusの略で、スーパーXGAプラスと呼ぶ。

出典 カメラマンWebカメラマン写真用語辞典について 情報

SXGA+の関連キーワードWSXGAプラス画面アスペクト比ワイドXGAなどワイドSXGA+ディスプレイ