コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

Tauber,R. TauberR

世界大百科事典内のTauber,R.の言及

【レハール】より

…1902年に軍務を退いて作曲と指揮に専念し,05年ウィーンで初演した《メリー・ウィドウDie lustige Witwe》でオペレッタ史上空前の成功を収めた。第1次大戦後はアメリカから押し寄せたポピュラー音楽に人気を奪われたが,名テノール歌手タウバーRichard Tauber(1891‐1948)のために書いた一連の作品(《ほほえみの国》1929など)で人気を回復した。妻がユダヤ系でありながら作品がヒトラーのお気に入りだったため,第2次大戦後の晩年は不遇だった。…

※「Tauber,R.」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

Tauber,R.の関連キーワード聖ヤコブ教会ブルク公園ブロンバッハ修道院ヘルゴット教会マイスタートゥルンクローテンブルク市庁舎ローテンブルクの城壁ローテンブルクのマルクト広場

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android