コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ブルク公園 ブルクこうえん

1件 の用語解説(ブルク公園の意味・用語解説を検索)

世界の観光地名がわかる事典の解説

ブルクこうえん【ブルク公園】

ドイツ南部のバイエルン州ビュルツブルク(Würzburg)の南50kmのタウバー渓谷に位置する、中世の町並みが美しいローテンブルク(Rothenburg ob der Tauber)市街の西の端にある公園。ローテンブルク駅からは徒歩で20分ほどの場所にある。1142年、ここにホーエンシュタウフェン家の城が建設された。この城は、その後12世紀に建て替えられたが、1356年の地震で倒壊し、瓦礫(がれき)の山と化した。この瓦礫は市の城壁の建設に利用され、ここに城が再建されることはなく、唯一修復されたのはブラジウス礼拝堂(Blasiuskapelle)だけで、跡地には庭園がつくられた。◇この庭園が市民に開放され、ブルク公園となった。公園内からはローテンブルクの町並みやタウバー渓谷を眺めることができる。ブラジウス礼拝堂は、現在、二度にわたる世界大戦の戦没者を慰霊する施設となっている。公園入り口のブルク門(Burgtor)は、1356年の地震後すぐに建設されたもので、この門の塔はローテンブルクで最も高い建築物になっている。門のアーチの上には、ローテンブルクが帝国自由都市であることを示す、双頭の鷲の紋章が刻まれている。また、門壁の仮面のレリーフの口からは、有事の際、口から熱いピッチを流して、攻め寄せる敵を撃退するしかけになっている。

出典|講談社
(C)Kodansha.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ブルク公園の関連キーワードウュルツブルクビュルツブルクビュルテンベルクウュルツブルク司教館シュバーベンアウグスブルクバーデンビュルテンベルクビュルツブルク司教館プリーンマリエンベルク要塞

今日のキーワード

カルテット

四重唱および四重奏。重唱,重奏の形態のなかで最も基本的なもので,声楽ではルネサンスの多声歌曲の形式であるシャンソンやフロットラから始り長い歴史をもつ。器楽も同様で,特に弦楽四重奏は室内楽の全レパートリ...

続きを読む

コトバンク for iPhone