コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

VIS命令セット ぶいあいえすめいれいせっと

1件 の用語解説(VIS命令セットの意味・用語解説を検索)

ASCII.jpデジタル用語辞典の解説

VIS命令セット

Sun社のUltraSPARCチップに実装された、代表的なマルチメディア拡張機能。これは従来のSPARCアーキテクチャーに対して、SIMD型の並列演算、データパック/アンパック、ビット操作などの命令セットを追加したものである。信号処理で最も重要な演算は、積和演算(a×b+cという形式の演算)であり、通常毎クロックごとにこの演算命令を投入できるような演算器を実装することになる。UltraSPARCでは、MPEGなどに必要十分な性能を得るために、既存の64ビットの浮動小数点演算用のユニットを4分割して、ハードウェア的な投資を抑えつつ、16ビットの積和演算を4並列で実行できるようにしている。MPEGなどでは4ブロック分の演算を並列に実行できるようになり、演算性能を一気に4倍にできる。

出典|ASCII.jpデジタル用語辞典
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

VIS命令セットの関連キーワードシリコンチップVチップチップイントップニュースAIチップカラーチップスーパーチップストレートチップチップカルチャーポテトチップス

今日のキーワード

カルテット

四重唱および四重奏。重唱,重奏の形態のなかで最も基本的なもので,声楽ではルネサンスの多声歌曲の形式であるシャンソンやフロットラから始り長い歴史をもつ。器楽も同様で,特に弦楽四重奏は室内楽の全レパートリ...

続きを読む

コトバンク for iPhone