コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

Wii

3件 の用語解説(Wiiの意味・用語解説を検索)

ASCII.jpデジタル用語辞典の解説

Wii

任天堂が2006年12月に発売した据え置き型のゲーム機。「Wii」は英語の「We」をイメージし、「家庭の誰もが楽しめる」というコンセプトを表し、「ii」はユニークコントローラーと人々が遊ぶために集まる様子を表す。ニンテンドーゲームキューブのソフトとの互換性がある他、ファミコンなどの古いゲーム機のゲームをインターネットからダウンロードできる「バーチャルコンソール」がある。また、無線LAN機能、SDカードスロットを搭載している。

出典|ASCII.jpデジタル用語辞典
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

知恵蔵2015の解説

Wii

2006年12月に任天堂が発売した家庭用ゲーム機(税込み2万5000円)。基本機能は、同社が01年に発売した「ゲームキューブ」を改良したものだが、独自のコントローラーとネットワーク接続機能を加えることで、これまでにない特徴を持つゲーム機となっている。一番の目玉は、位置・加速度などを検出するセンサーを備えた独自のコントローラー。このコントローラーを振り回したり、画面の一部を指し示したりといった、直感的な動きで操作することにより、これまでゲームには縁のなかった人々の取り込みに成功した。また、インターネットへの接続機能も搭載しており、主にゲームの通信対戦などに利用される。ファミリーコンピュータなど用に発売された昔のゲームソフトを、インターネット経由でダウンロード購入し、Wii上で楽しむ「バーチャルコンソール」機能も持っている。07年12月末に全世界で2000万台の販売を達成した。

(西田宗千佳 フリージャーナリスト / 2008年)

出典|(株)朝日新聞出版発行「知恵蔵2015」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

Wii
ウィー

任天堂が 2006年 12月に日本で発売した家庭用ゲーム機の商品名。ファミリーコンピュータスーパーファミコン,NINTENDO64,ニンテンドーゲームキューブに続く,任天堂5番目の据え置き型ゲーム機。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

Wiiの関連キーワードファミリーコンピューターファミリーコンピュータニンテンドー64デンゲキニンテンドーDSNintendo DREAMパネルでポンDSファミコンミニ パックマン役満DSWi-Fi対応 役満DSニンテンドーランド

今日のキーワード

アレルギー

語源はギリシャ語。「変わった(変えられた)働き」です。関係しているのは、人間の免疫システム。免疫は本来、人の体を守る仕組みですが、ときに過剰反応し、不快な症状を引き起こすことがあります。それがアレルギ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

Wiiの関連情報