X-33(読み)エックスさんじゅうさん

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

X-33
エックスさんじゅうさん

アメリカで開発が進められた再使用 (RLV) 型スペースシャトルのための実験機。従来の使い捨て型から完全再使用型にすることで打ち上げコストを半減させつつ,安全性とシステムの信頼性の改善もねらっていた。 NASA主導のもと,ロッキード・マーティンロックウェル・インターナショナル,マクドネル・ダグラスの3社が設計作業に参加した結果,1996年,ロッキード・マーティンの提案した揚力飛行体型が選定された。しかし NASAは 2001年,技術的問題と予算オーバーのため,開発費の提供を打ち切った。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

夏至

二十四節気の一つであるが,二至 (夏至,冬至) ,二分 (春分,秋分) の四季の中央におかれた中気。夏至は太陰太陽暦の5月中 (5月の後半) のことで,太陽の黄経が 90°に達した日 (太陽暦の6月 ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android