コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

Yの悲劇

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

Yの悲劇
わいのひげき
The Tragedy of Y

アメリカの推理作家エラリー・クイーンの本格推理小説。1932年作。初めはバーナビー・ロスBarnaby Ross名で発表された。ニューヨークの旧家ハッター家は悪質な遺伝病で悩まされていたが、その当主が自殺と思われる死体で港に打ち上げられる。続いて妻のエミリーが惨殺され、一家の少年も毒で倒れるという異様な雰囲気のなかで繰り広げられる事件に、聾(ろう)者で元シェークスピア俳優のドルリー・レーンが捜査に乗り出す。緻密(ちみつ)な構成と伏線張り、予想を裏切る犯人という条件を備えた本格的名作として、しばしば推理小説ベストテンにランクされる。[梶 龍雄]
『鮎川信夫訳『Yの悲劇』(創元推理文庫)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

今日のキーワード

不義理

[名・形動]1 義理を欠くこと。また、そのさま。「多忙でつい不義理になる」2 人から借りた金や物を返さないでいること。「茶屋への―と無心の請求」〈逍遥・当世書生気質〉...

続きを読む

コトバンク for iPhone

Yの悲劇の関連情報