コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

asymmetrical ridge asymmetricalridge

世界大百科事典内のasymmetrical ridgeの言及

【周氷河地形】より

…谷は谷頭部が浅くくぼんだ周氷河皿状地や,両谷壁の日射量の違いによって両岸の傾斜が異なる非対称谷asymmetrical valleyになることが多い。稜線付近の風上側斜面には雪が積もらず,凍結融解作用が強く働いてなめらかな斜面が形成され,風下側には雪が吹きたまって雪食作用による急斜面ができ,全体として両斜面の傾斜の異なる非対称山稜asymmetrical ridgeが発達する。日本では北海道の大雪山や日本アルプスに現成の周氷河地形が,北日本の各地に氷期につくられた周氷河地形が分布している。…

※「asymmetrical ridge」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

asymmetrical ridgeの関連キーワードトランジショナル中央海嶺玄武岩プロタラス・ランパート富化中央海嶺玄武岩海嶺太平洋BALM仮説海嶺アールツーデイーフォー医療被曝ORNL

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android