コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

model theory modeltheory

世界大百科事典内のmodel theoryの言及

【数学基礎論】より

…他方,ハイティングA.Heytingによる直観主義論理の形式化(1930)やゲーデルの解釈によって,直観主義の立場で用いられる論理が明確なものとなったが,帰納的関数を用いての直観主義的数学の合理化がクリーネによって試みられたのを契機として,直観主義の立場からの研究は構成的数学constructive mathematicsの研究とともに盛んに行われている。 なお,A.タルスキーやロビンソンA.Robinsonをそれぞれ中心とする学派で盛んに研究されてきたモデル論model theoryは,今日数理論理学における重要な分野として発展しているのみならず,公理的集合論をはじめ数学基礎論の各分野で有効な役割を果たしている。もともと構文syntax的研究の立場に端を発しているリカージョン・セオリーにおいても,その対象が一般化(例えば順序数上の帰納的関数や帰納的汎関数など)されるに伴って,意味論semantics的研究にその端を発するモデル論的手法が有効に用いられている。…

※「model theory」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

model theoryの関連キーワードダイヤモンド(Peter A. Diamond)デューゼンベリーマイヤーソンカーネマンマーチ地動説天動説知覚

今日のキーワード

偽計業務妨害罪

虚偽の風説を流布し,または偽計を用いて人の業務を妨害する罪 (刑法 233) 。流布とは,犯人自身が公然と文書,口頭で伝達するほか,口伝えに噂として流す行為も含む。偽計とは人を欺罔,誘惑し,あるいは人...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android