モデル(読み)もでる(英語表記)Lisette Model

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

モデル(Lisette Model)
もでる
Lisette Model
(1906―1983)

オーストリアの写真家。旧名エリゼ・フェリック・アメリー・セイバートElise Felic Amelie Seybert。ウィーンの富裕な家に生まれ、父はイタリア系で医師、母はフランス系で、幼いころから家庭教師について音楽や語学を学ぶ。著名な作曲家アルノルト・シェーンベルクに師事し、父の死後パリに移り音楽を続ける。1937年ロシア人の画家エブサ・モデルEvsa Modelと結婚、そのころから独学で写真を撮りはじめる。翌年ニューヨークに移る。40年に初めて『キュー』Cue誌に写真が掲載され、続く『P. M.』誌の「フランスはなぜ衰退したか」というピクチャー・ストーリーでセンセーションを巻き起こした。その後、モデルの写真は『ハーパーズ・バザー』Harper's Bazaar誌のアート・ディレクター、アレクセイ・ブロドビッチAlexey Brodovitch(1898―1971)やカーメル・ショーCarmel Show等に高く評価され、『ルック』Lookや『ザ・レディーズ・ホーム・ジャーナル』The Ladies Home Jounal、『サタデー・イブニング・ポスト』The Saturday Evening Post、『ポピュラー・フォトグラフィ』Popular Photography、『コスモポリタン』Cosmopolitanなど多くの雑誌が取りあげることになる。また、41年には自らもメンバーである「フォト・リーグ」(1930年設立の「フィルム・アンド・フォト・リーグ」が分裂して35年に「フォト・リーグ」が開設。労働者の視点に立った作品を制作・称揚する写真家の団体)で個展が催され、シカゴ美術館やサンフランシスコの美術館プレース・オブ・ザ・レジョン・オブ・オナーなどでも行われた。MoMA(ニューヨーク近代美術館)写真部門ディレクターをつとめたエドワード・スタイケンはモデルを「この時代の最も重要な写真家の一人である」と絶賛し、MoMAでもたびたび作品が取りあげられ、個展も開催されている。
 ローライフレックス・カメラ(ドイツ、ローライ社の二眼レフカメラ)を用い、被写体の正面から低いアングルでクローズ・アップで捉える彼女の写真は、社会の周縁で貧しさの中でも威厳に満ちて生きる人々の姿を、リアリティ溢れる描写で、時にはユーモアたっぷりに暖かい眼差しで写している。それは彼女と同じ富裕なブルジョア層の風刺に満ちた写真とは対照的である。こうした彼女の写真への姿勢は、例えばモデルから最も影響を強く受けたと思われるダイアン・アーバス等に受け継がれている。
 1951年、モデルはニュー・スクール・フォー・ソーシャル・リサーチ(学問の自由を求める研究者によって1918年にニューヨークで設立された教育機関)に招かれ教鞭をとる。そこでは長年の友人であるベレナイシ・アボットも教えていた。名物教師としてアーバスをはじめ多くの写真家を育て、教師生活は83年に彼女が亡くなるまで続いた。[笠原美智子]
『Lisette Model, Matt Mahurin Lisette Model (2002, Twin Palms, Santa Fe) ▽Elizabeth Sussman Lisette Model (2001, Phaidon, London)』

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

ボヘミアン・ラプソディ(映画)

イギリス・米国の伝記映画。イギリスの人気ロックバンド・クイーンと、そのボーカルで1991年に45歳で死去したフレディ・マーキュリーの半生を描く。タイトルは同バンドが75年に発表したフレディ作の楽曲と同...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

モデルの関連情報