コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

saṃskṛta-dharma samskrtadharma

世界大百科事典内のsaṃskṛta-dharmaの言及

【仏教】より

…これと並んで,縁起を広くすべての現象の間における種々な関係の理論と解する立場も生まれた。その場合,因果を成立させる条件として,すべての現象になんらかの形で果を生む力があるとみて,これを〈行〉(サンスカーラsaṃskāra)と呼び,その働きによって作られたものを〈有為(うい)法〉(サンスクリタ・ダルマsaṃskṛta‐dharma)と名づけた(ここで〈法〉とは一定の性質をもった現象の意)。しかも,すべて有為法は同時に因となって他の現象を生む力をもっているものと考えた(すなわち〈諸行〉=〈諸有為法〉)。…

※「saṃskṛta-dharma」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

saṃskṛta-dharmaの関連キーワード達磨・達摩法(仏教)法輪法身法(仏教)ダーマ&グレッグサンスカーラ達磨