法(仏教)(読み)ほう

百科事典マイペディアの解説

法(仏教)【ほう】

仏教の根本思想の一つ。サンスクリットのダルマdharmaの訳。漢字では達摩・曇摩(どんま)・曇無とも音写される。原義は保つもの,支持者,転じて秩序,掟(おきて),慣習の意がある。釈迦は旧来のバラモン教のもっていたリタ(天則),ブラタ(法度)に代わって,ダルマを基礎とし,これに,それ自体の変わらない本性を有し(任持自性(にんじじしょう)),人をして事物の理解を生ぜしめる軌範(軌生物解(きしょうもつげ))という意味を付与した。仏教の発展とともにダルマに対する解釈も多岐にわたり,法則・性質・基準・原因・教・聖典・最高真理などの意味が生じ,さらに諸法実相のように,ダルマによって支えられる一切の事物をも意味するようになった。
→関連項目縁起

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

法(仏教)
ほう

仏教の術語。サンスクリット語ダルマdharma、パーリ語ダンマdhammaの訳語。達磨(だるま)、達摩(だつま)、曇摩(どんま)などと音写される。dharmaは(dh)(保つ・支える)という動詞の派生語であるから、本来「保つこと」「支えること」の意であり、それより「法則」「正義」「真理」「最高の実在」「宗教的真理」の意となる。インド人は古代より法を尊重し、法を求め法に生きんとし、人生の目標たる三徳(愛欲・財産・法)の一つに加えた。法の追究は現代に至るまでインド思想の中心テーマである。仏教においても法はもっとも重要な術語である。釈尊は法を悟ったという。しかし原始仏教聖典に記される法は多義である。近代においてドイツのインド学者ガイガーGeiger夫妻は、原始仏教聖典中の法を精査して、〔1〕法則、正当、規準、〔2〕教説、〔3〕真実、最高の実在、〔4〕経験的事物、の四義に分類した。現在も原始仏教の法の意味はこの四義が一般に認められている。用例としては、〔1〕は「法(正義)を行う」、〔2〕は「仏の法(教え)」、〔3〕は「法(真理)を悟った」、〔4〕は「諸の法(もの)は我ではない」などである。このうち〔1〕〔3〕は仏教以前のベーダやウパニシャッドの用法を仏教が取り入れたものであり、〔2〕〔4〕は仏教独自の用法である。さてこの〔4〕経験的事物(いわゆるもの一般)としての法がしだいに共通内容をもつものごとに分類され総合されて、部派仏教の時代になると、法はまったく新しい意味をもつに至る。すなわち、〔5〕人間および世界を含む全存在(すなわち森羅万象(しんらばんしょう))の構成要素の意味である。部派仏教の学匠たちは、この意味での法によって森羅万象を説明し、そこから解脱(げだつ)する方法を考えたのである。つまり〔5〕の意味での法は具体的な森羅万象ではなく、これらを成立せしめる構成要素である。この法は自性(じしょう)(スババーバsvabhva、「自己の本性」の意)・自相(じそう)(スバラクシャナsvalakaa、「自己の特徴」の意)を有し、他の法と区別され独自に認識の場で働くことのできるものである。諸部派のうちとくに説一切有部(せついっさいうぶ)はこの法の規定を厳密に行い、全部で75の法を想定しこれを五つに分類した。この法の体系が五位七十五法といわれるものである。すなわち、色法(物質)11法、心法(心)1法、心所法(心作用)46法、心不相応行法(物質でも心でもないもの)14法、無為法(時間的経過によって変化しないもの)3法の合計75法である。有部によれば、これらの法は現在・過去・未来の三世を通じて「実有」(実在)であるが、現在の一瞬だけわれわれに認識されるとして、諸行無常を説明せんとした。
 のちにおこった大乗仏教は縁起(えんぎ)説に基づいて法の一切皆空(かいくう)を唱え、部派仏教の法の実有を否定した。しかし大乗の瑜伽行(ゆがぎょう)派(唯識(ゆいしき)学派)は、空(くう)の思想に基づきながらも、この世界の成立を説明するために有部の法の体系を取り入れ、五位百法を唱えた。法の語は後の中国・日本仏教でも多義に用いられるが、だいたいにおいて以上の五義を大きく逸脱するものではない。[加藤純章]
『金倉円照著『仏教における法の語の原意と変転』(『インド哲学仏教学研究I』所収・1973・春秋社)』

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

統合型リゾート(IR)

Integrated Resortの略で、カジノや劇場、ホテルなどが一体となった施設。国会の超党派議員が提出したカジノ解禁法案はIRの整備を後押しする基本法案で、2014年に趣旨説明と質疑が行われたも...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android