コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

法印 ホウイン

デジタル大辞泉の解説

ほう‐いん〔ホフ‐〕【法印】

仏語。仏教を外道から区別し、仏教が真実であることを示す標識。三法印など。
《「法印大和尚位」の略》僧位の最上位。僧綱(そうごう)僧正に相当。この下に法眼(ほうげん)法橋(ほっきょう)があった。
中世以降、僧に準じて医師・絵師・儒者・仏師・連歌師などに対して与えられた称号。
山伏祈祷師(きとうし)異称

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

百科事典マイペディアの解説

法印【ほういん】

僧綱(そうごう)の最上位。法印大和尚位とも。法眼(ほうげん)・法橋(ほっきょう)の上。864年定められ,空海最澄,真雅の3人に授けられたのが最初。創設当初は官位では従2位に相当。
→関連項目絵仏師奥医師豪信宅磨勝賀法然上人絵伝

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ほういん【法印】

僧位の一つ,法印大和尚位(だいかしようい)の略。もとは仏教における真理のしるしを意味し,諸行無常諸法無我涅槃寂静(ねはんじやくじよう)を三法印とする。僧位としては864年(貞観6)に設けられ,僧(そうじよう)に与えられる階位で,真雅が最初。僧正相当の僧位が原則であったが,1003年(長保5)石清水(いわしみず)八幡検校の聖清が凡僧にして法印に叙されてからは,この原則はしだいにくずれ,僧都(そうづ),律師にも授けられるようになり,員数も増加した。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

大辞林 第三版の解説

ほういん【法印】

〘仏〙
仏教を他の教派から区別する標識となる根本的な教義。小乗仏教では三法印、大乗仏教では諸法実相の一法印がよく説かれる。
僧位の最高位で、法眼ほうげん・法橋ほつきようの上。「法印大和尚位だいかしようい」の略。僧綱の僧正に相当する位。
中世・近世、僧侶に準じて仏師・絵師・連歌師・医師などに与えられた称号。
山伏や祈禱師きとうしの俗称。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

法印
ほういん

僧侶(そうりょ)の位階(僧位)の最上位で、僧綱(そうごう)位(僧階)の僧正(そうじょう)にあたり、法印大和尚(だいわじょう)位僧正という。その下が法眼(ほうげん)和尚位僧都(そうず)、法橋上人(ほっきょうしょうにん)位律師(りっし)である。したがって本来は僧侶の取締りにあたる役人的僧侶の敬称で、定まった定員があったが、時代とともにその数を増し、のちに仏師や絵師の敬称にまで用いられるようになった。とくにこの僧位を乱用したのは修験道(しゅげんどう)であって、先達(せんだつ)であれば法印権大僧都(ごんだいそうず)を許された。したがって山伏の別称としていまも「法印さん」とよばれている。[五来 重]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内の法印の言及

【ダルマ】より

…この場合には,ダルマは,社会規範というよりも,解脱を窮極のものとする宗教的目標に人びとをいたらしめる〈正しい教え〉(教法),ないし〈真理〉を意味する。たとえば仏教では,〈諸行無常〉〈諸法無我〉〈一切皆苦〉〈涅槃寂静〉の四つ(あるいははじめの三つ)が,すべてのダルマの要約(法印)すなわち仏教の旗印であるとされた。なお,今日のヒンディー語では,仏教は,〈ボウッド・ダルム〉すなわち〈ブッダ(仏陀)の徒のダルマ〉といい慣わされている。…

【密教】より

…《金剛頂経》はシンボリスティックに表現された仏の世界を人間の世界の外側に実在的に措定し,〈象徴されるものと象徴それ自体は同一である〉というその瑜伽(ヨーガ。神秘的合一)の論理に基づいて,三密加持,すなわち,自己の身体的動作によって諸尊の動作を模し(羯摩(かつま)印),口にそれらの真言を誦し(法印),意にそれらを象徴する形象(三昧耶形(さんまやぎよう))を観想し(三昧耶印),かくて自己を実在界(仏の世界)の一個の象徴(大印,マハームドラーmahāmudrā)と化することによって即身成仏をはかるもので,純然たる密教を実現している。 タントラ仏教はかの世界の女性原理を般若波羅蜜(仏母,すなわち悟りを生む智恵)として認識し,それを生身の女性(大印)と同置し,それと性的に瑜伽(合一)することによって中性的真実在の現成(悟り)を期するもので,通常は左道密教として嫌悪されるが,その本質はインド的精神性の原点への復帰現象とみなしうる面をもつ。…

※「法印」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

法印の関連キーワード懺悔懺悔・懴悔懴悔治部卿局(3)大和尚・大和上祐乗坊琇珔祐乗坊義空杉本坊玄快隆遍(1)道禅(2)道禅(1)良遍(1)戸塚静海一切皆苦源氏供養大乗仏教小乗仏教諸法実相大原問答北村湖元連歌師林鳳岡

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

法印の関連情報