コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

scala scala

世界大百科事典内のscalaの言及

【スカラー】より

…最初は物理学において使われた概念であり,適当に単位を定めることによって実数で表すことのできる量,すなわち大きさしかない量をスカラー量あるいは単にスカラーという。ラテン語の階段,または目盛を意味するscalaからきた。長さ,時間,温度,質量,電荷などがスカラーである。これは力のように大きさと方向をもつベクトルと区別するために用いられる概念である。ベクトルは座標を使って数ベクトルとして表示すると座標の一次変換によってその成分が変化するが,スカラーは一次変換によって不変である。…

※「scala」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

scalaの関連キーワードスカラー型スーパーコンピューターカーン(Herman Kahn)ブレイ(Carla Bley)ビクトリア・アルバート美術館サン・マイクロシステムズツノトンボ(長角蜻蛉)イトカケガイ(糸掛貝)ウィーン美術史博物館カーク ダグラスゴードン・ベル賞エスカレーションデラ・スカラ家エスカレーターヒメイエバエイトカケガイツノトンボウェッセルギベリン党スカラー量SPARC

今日のキーワード

グランピング

「グラマラス(Glamorous)」と「キャンピング(Camping)」を掛け合わせた造語で、ホテル並みの設備やサービスを利用しながら、自然の中で快適に過ごすキャンプのこと。従来型のキャンプとは一線を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android