コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

sword and cloak swordandcloak

世界大百科事典内のsword and cloakの言及

【大衆文学】より

…中谷博が時代小説の剣を《罪と罰》のラスコリニコフの斧にたとえたのもそのことを指している。作家の中には西欧の悪漢小説や歴史ロマンス(sword and cloak),あるいは中国の伝奇小説などの骨法を活用する者もあり,その淵源は多様だが,庶民的な文芸や話芸の伝統が,明治期の速記講談(人情噺(ばなし))や新聞小説となり,政治講談,民権講談,社会講談などの流れとも相まって,民衆文芸を形成したものと考えられる。したがって菊池幽芳,渡辺霞亭らの流れをひく家庭小説の書き手である菊池寛,久米正雄,中村武羅夫(むらお),加藤武雄,吉屋信子らの作品は通俗小説と呼ばれて別の範疇に入れられた。…

※「sword and cloak」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

sword and cloakの関連キーワードエマーソンアレン(Woody Allen)ラング(Fritz Lang)ICUローリング牛腸茂雄フェミニズム・アート国際計量計測用語ド・マンリンカーンの「ゲティスバーグの演説」

今日のキーワード

隗より始めよ

《中国の戦国時代、郭隗(かくかい)が燕(えん)の昭王に賢者の求め方を問われて、賢者を招きたければ、まず凡庸な私を重く用いよ、そうすれば自分よりすぐれた人物が自然に集まってくる、と答えたという「戦国策」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android