Yahoo!辞書

kotobank > 時とは

 

【トキ】

  • 12件の用語解説(時で検索)

デジタル大辞泉の解説

とき 【時】
 
過去から現在、現在から未来へと、一方的また連続的に流れていくと考えられているもの。物事の変化・運動によって認識される。時間。「―が流れる」「―がたつ」「―を刻む」
時法によって示される、1日のうちの特定の時点や時間帯。また、その時法に基づく単位時間。時刻。刻限。日本では明治6年(1873)以来、平均太陽時によって一昼夜を24等分し、太陽が子午線を通過する時刻の12時間前を零時とする時法が行われている。また一般に、24時を午前・午後の12時ずつに分けて、零時を午前零時、12時を午後零時とよぶ慣習もある。昔の時法には、1日を等分する定時法と、昼夜を別個に等分する不定時法とがあり、単位時間の長さは、不定時法では季節や場所によって異なった。定時法は古代律令時代には既にあり、漏刻水時計)を用いて1日を12等分し、各時刻に十二支を配して、鼓や鐘を鳴らして時を告げた。真夜中の子(ね)の刻に9回、丑(うし)の刻に8回というぐあいに一時(いっとき)ごとに一打減らすもので、そのため、昼夜の各時刻を九つ…四つとも表した。近世になると、昼夜をそれぞれ6等分する不定時法が広く行われた。時刻の表し方は古代と同様であるが、各時刻はさらに2等分されて半とよばれたり、3等分されて上・中・下とよばれたりした。
時間の流れの一点。時刻。また、時刻を知らせること。「―の鐘」「―をつくる」
ある時期。
関心がおかれている時代や年代。ころ。「―は幕末、所は江戸」「―の首相」
季節。時候。「紅葉の―」「―の物でもてなす」「―なし大根」
時勢。世の成り行き。「―に身をまかせる」「―に従う」
何らかの状況を伴った、時間のひとくぎり。
さまざまな状況を念頭に置いた、不特定の時期。場合。「―に応じた方策」「あいさつのしかたも―と場所による」
状況が明示できない、漠然とした時期。「―には失敗もある」「―として、そんなことも起こる」

ちょうどよい機会好機。「しかるべき―を待つ」「逆転の―をうかがう」
(「秋」とも書く)重要な時期。「危急存亡の―」
わずかな間。一時。また、当座臨時。「―借り」「―貸し
定められた期日期限。「―を切って金を貸す」「返済の―が迫る」
10行為状態を表す連体修飾を受けて)
ある状態になっている時点や時期。「家に着いた―、母はいなかった」「幼稚園の―は、やんちゃ坊主だった」
ある状況を仮定的に表す。おり。場合。「地震の―はどうしよう」
11 (「どき」の形で接尾語的に用いて)まさにその時期。また、それにふさわしい時期。「食事―で店が混む」「今―の若者
12時制(じせい)」に同じ。
13 陰陽道(おんようどう)で、事を行うのに適した日時。暦の吉日。「暦の博士召して、―問はせなどし給ふほどに」〈・葵〉
14 天台真言などの密教で行う、定時の勤行(ごんぎょう)。時の修法。「その夜行幸にて侍りしかば、暁の御―ひきあげて」〈弁内侍日記

じ 【時】
 
[音](呉) [訓]とき
学習漢字]2年
〈ジ〉
月日移りかわり。その間の一点。とき。「時間時候時刻時日暫時四時(しじ・しいじ)瞬時常時定時同時日時
ある一定のとき。そのとき。おり。「時価時機時宜時事時代時流盛時戦時当時幼時臨時
一日を二四等分した時間単位。「時速毎時零時
〈とき(どき)〉「時世(ときよ)片時潮時
[名のり]これ・ちか・はる・もち・ゆき・よし・より
難読時雨(しぐれ)時化(しけ)時鳥(ほととぎす)

じ 【時】
 
[名]
時間の単位。1時は一昼夜の24等分の1で、1分の60倍、1秒の3600倍。記号h
特定時刻。特定の時間。「ラッシュ―」「初夜の―果てむほどに」〈・夕霧〉
[接尾]助数詞。時刻を表すのに用いる。「七―」

さだ 【時】
 
時機。また、盛りの年齢。→(さだ)過ぐ

どき 【時】
 
「とき(時)11」に同じ。「買い―」「潮―」

この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

時 【とき】

辰刻とも書く。日本の時刻の単位。日本で完全な形で知られる最古の時刻制度は延喜式で,1日を12時,1時を4刻に分け,時は十二支で表した。一部宮中のみで用いられたものとはいえ,定時法であり,日本で創案されたものと考えられている。
※本文は出典元の用語解説の一部を掲載しています。


All Rights Reserved,Copyright(C)2013,Hitachi Solutions Business, Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

じ【時 hour 

時間の単位で,記号はh。1h=60min=3600sと定義される。国際単位系(SI)以外の単位であるが,SIと併用される単位となっている。【大井 みさほ】

とき【時】 

〈時間〉あるいは〈時刻〉の意。各項を参照されたい。


All Rights Reserved. Copyright(C)2013, Hitachi Solutions Business, Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

単位名がわかる辞典の解説

じ【時】
 
時間の単位。記号は「h」。1時間は1秒の3600倍、1分の60倍。


(C)Kodansha.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

じ【時】
 
[1] ( 名 )
時間の単位。秒の3600倍。分の60倍。記号 h  時間。 →
とき。ある特定の時刻。 「 -のかはるまで誦みこうじて/枕草子 25
特に仏道の勤行の時刻をいう。 「日中の-などおこなふ/枕草子 123
( 接尾 )
名詞に付いて,「とき」「おり」などの意を表す。 「空腹-」 「革命-」 「第二次世界大戦-」
助数詞。時刻を表すのに用いる。 「六-半に起きる」


さだ【時】
 
〔「しだ」の転〕
機会。時期。盛時。 「左太の浦のこの-過ぎて後恋ひむかも/万葉集 2732」 → さだ過ぐ


どき【時】
 


(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内のの言及

【時間】より
…世界におけるすべての変化および無変化において保持されている何ものかを間と呼ぶ。一面から言えば,間はまた人間と外の世界との接点に現れるものでもある。…
【時刻】より
…移りゆくの一つの点を刻という。刻と刻との間のの長さを間という。…
※「」について言及している用語解説の一部を掲載しています。


All Rights Reserved. Copyright(C)2013, Hitachi Solutions Business, Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

時に近い言葉→時・秋|曲・節・時|試写室25時|岐阜羽島駅25時|札幌着23時25分|ラフマニノフ:楽興の時/piano solo|シューベルト:楽興の時/piano solo|パディントン発4時50分|クロイドン発12時30分

時の関連情報

ニュース検索

ショッピング検索

「時」のスポンサー検索

スポンサードリンク

 

ページの先頭へ戻る

キーワード情報キーワード情報

関連キーワード関連キーワード

  • アクセスランキングアクセスランキング

  • 08月30日更新
  • rssrss

  • 今日のキーワード今日のキーワード

  • rssrss

お知らせお知らせ