コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

Śaṅkarasvāmin Sankarasvamin

世界大百科事典内のŚaṅkarasvāminの言及

【論理学】より

…しかし残念ながら中国人はその後の2500年にわたって論理学をそれ以上には発展させなかった。 7世紀に,インドの論理学者ディグナーガやシャンカラスバーミンŚaṅkarasvāmin(商羯羅主(しようからしゆ))の著書が玄奘や義浄の手で漢訳された。《因明正理門論》や《因明入正(につしよう)理論》がそれである。…

※「Śaṅkarasvāmin」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

Śaṅkarasvāminの関連キーワードクリアランス比の公式ヤマハ YZ400Fヤマハ YP250マジェスティ心係数ドロミューSI接頭語阿那含ミノア文明

今日のキーワード

OAR

2018年の平昌五輪に国家資格ではなく個人資格で参加したロシア国籍の選手のこと。「Olympic Athlete from Russia(ロシアからの五輪選手)」の略。14年ソチ五輪での組織的なドーピ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android