バイト

ASCII.jpデジタル用語辞典の解説

バイト

コンピューターで情報量を表す単位で「B」と略す。1バイトは、0か1かを表すビットという単位が8つ並んで構成される。1バイトで表せる組み合わせの総数は、2の8乗で256とおりのデータを表せる。メモリーやディスクの容量、プログラムの最小命令コードなどに使われる。大きな量を表す場合は、キロバイトKB)、メガバイトMB)、ギガバイトGB)という単位も使われ、それぞれ1キロバイト=1024バイト、1メガバイト=1024キロバイト、1ギガバイト=1024メガバイトになる。

出典 ASCII.jpデジタル用語辞典ASCII.jpデジタル用語辞典について 情報

パソコンで困ったときに開く本の解説

バイト

データの量を表す単位です。通常は8ビットが1バイトです。1024バイトが1KB(キロバイト)、1024KBが1MB(メガバイト)、1024MBが1GB(ギガバイト)といった具合に、1024単位で次の位になります。厳密である必要がなければ、1000単位で計算してもかまいません。
⇨1バイト文字2バイト文字
GB、KB、MB、TB

出典 (株)朝日新聞出版発行「パソコンで困ったときに開く本パソコンで困ったときに開く本について 情報

デジタル大辞泉の解説

バイト(bite)

かむこと。また、かみ合わせること。
歯車ファスナーなどがかみ合う接触面。

バイト(byte)

コンピューターで扱う情報量の単位。1バイトは8ビット。→ビット1

バイト

[名](スル)アルバイト」の略。「夏休みバイトする」

バイト

bit(刃の意)またはbite(切り込む意)から》旋盤・平削り盤などの工作機械で金属の切削に使用される刃物。シャンクとよぶ台の先端に切れ刃をつけたもの。形や用途により先丸・片刃・面取り・端面・剣・中ぐり・突っ切り・ねじ切りなどの各バイトがある。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

バイト

旋盤,形削り盤,平削り盤などの型式の工作機械で金属を加工する場合に用いられる切削工具(図)。オランダ語beitelから転化した和製語と考えられ,英語ではsingle‐point cutting toolと呼ばれている。バイトは切削を行う刃部と工作機械に固定するためのシャンクの部分からなっている。刃部の形状は,切削が良好に行われるように,使用目的に応じた適当なすくい角,逃げ角切刃角などが付けられている。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

バイト

( 名 ) スル
アルバイトの略。 「今日は午後から-する」

バイト

〔bit(刃)あるいは bite(切り込む)から出た語か〕
旋盤・平削盤などに用いる切削用の刃物。用途により、荒削りバイト・仕上げバイト・突っ切りバイトなどがあり、また、材質により高速度鋼(ハイス)バイト・超硬バイト・ダイヤモンドバイトなどがある。

バイト【byte】

情報量を示す単位。普通、一バイトは八ビット。 → ビット

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

バイト
single point tool; cutting tool

柄 (シャンクという) の先端に切刃をもった切削工具の総称で,旋盤,形削り盤,中ぐり盤,平削り盤などの刃物として用いる。工作物の形状,加工内容,材質などに応じて各種のバイトが製作されている。しかし構造的には,(1) 切刃部とシャンクが一体で,同一材料から成るむくバイト (完成バイトなど) ,(2) シャンクにチップ (切刃の小片) をろうづけしたつけ刃バイト,(3) シャンクにチップを機械的に固定したクランクバイトに大別できる。切刃部は高温になるので,材料には,高温でも硬度が高くて耐摩耗性に富む炭素工具鋼,合金工具鋼,高速度鋼,超硬合金,セラミック,ダイヤモンドなどが用いられる。なお,バイトという用語は,オランダ語のバイテル bietelから転訛したといわれている。

バイト

ビット」のページをご覧ください。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

バイト

〘名〙 (「アルバイト」の略) 本業や学業のかたわらにする仕事。内職。
※セルロイドの塔(1959)〈三浦朱門〉一「スポーツ、バイト〈略〉そしていくらかの勉強に関することに至るまで」

バイト

〘名〙 (beitel から) 単一の切刃を持った切削工具の一つ。機械に取り付けて用いるものを単にバイトといい、手で扱うものを手バイトという。旋盤と形削盤などに用いられる。
※飛行機小僧(1937)〈徳永直〉五「鼻唄がけでバイトを突っ込むだけの腕と経験をもってゐた」

バイト

〘名〙 (bite)
① かむこと。また、かみ合わせること。
② 歯車・ファスナーなどがかみ合う接触面。

バイト

〘名〙 (byte) 情報量の単位。一バイトは八ビット。
※電子計算機(1968)〈坂井利之〉一「8ビットをバイトと呼ぶ」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

人望

信頼できる人物として、人々から慕い仰がれること。「人望を集める」「人望を失う」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

バイトの関連情報