舶用機関(読み)はくようきかん(英語表記)marine engines

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

舶用機関
はくようきかん
marine engines

船舶用原動機の総称で,主機関,ボイラ,補助機関などで構成されている。主機関には主として蒸気機関内燃機関が使われる。蒸気機関は蒸気タービン,内燃機関はディーゼル機関が代表的なもの。ディーゼル機関は熱効率の点では蒸気タービンよりすぐれており,大出力化も進んでいる。このほか原子力を舶用機関として用いることも試みられている。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

はくよう‐きかん〔‐キクワン〕【舶用機関】

船舶を進行させる原動機として用いられる機関。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

百科事典マイペディアの解説

舶用機関【はくようきかん】

船を航走させるのに必要な原動機設備。狭義には推進器軸を駆動する主機だけをさし,この場合,補助原動機や主機運転に必要な付属機器,その他の機器類を一括して補機と呼ぶ。主機には,今日では蒸気機関は使われず,蒸気タービンディーゼルエンジンがほとんどである。いずれも狭い内に設けるため,体積・重量が小さく,動揺・振動に耐え,信頼性の高いことなどが必要。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

はくようきかん【舶用機関】

船の推進の機能を発揮させる目的に使われる機械の総称。推進器を駆動する役割をもつ主機関(舶用主機)と,ボイラー(主ボイラー,補助ボイラー),推進装置(推進器,軸系),発電装置,機関部補機(各種ポンプなど)などの主機関の運転に必要な補助機械(舶用補機)ならびに付属する諸装置で構成される。このうち主機関(主ボイラーを含む)は,主機関がディーゼルエンジンのものをディーゼル船,蒸気タービンのものを蒸気タービン船と呼ぶように,船の分類にも使われ,船を特徴づける主要な機械である。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

はくよう‐きかん ‥キクヮン【舶用機関】

〘名〙 船舶の原動機として用いられる機関の総称。蒸気機関、蒸気タービン、ディーゼル機関などがある。〔最新百科社会語辞典(1932)〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

犯人蔵匿罪

罰金以上の刑にあたる犯罪を犯した犯人または拘禁中に逃走した被拘禁者を蔵匿したり,隠避させる罪 (刑法 103) 。蔵匿とは,隠れる場所を提供することによって,隠避とは,逃走資金や変装用具などを提供する...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android