コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

舶用機関 はくようきかんmarine engines

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

舶用機関
はくようきかん
marine engines

船舶用原動機の総称で,主機関,ボイラ,補助機関などで構成されている。主機関には主として蒸気機関内燃機関が使われる。蒸気機関は蒸気タービン,内燃機関はディーゼル機関が代表的なもの。ディーゼル機関は熱効率の点では蒸気タービンよりすぐれており,大出力化も進んでいる。このほか原子力を舶用機関として用いることも試みられている。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

はくよう‐きかん〔‐キクワン〕【舶用機関】

船舶を進行させる原動機として用いられる機関。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

百科事典マイペディアの解説

舶用機関【はくようきかん】

船を航走させるのに必要な原動機設備。狭義には推進器軸を駆動する主機だけをさし,この場合,補助原動機や主機運転に必要な付属機器,その他の機器類を一括して補機と呼ぶ。主機には,今日では蒸気機関は使われず,蒸気タービンディーゼルエンジンがほとんどである。いずれも狭い船内に設けるため,体積・重量が小さく,動揺・振動に耐え,信頼性の高いことなどが必要。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

はくようきかん【舶用機関】

船の推進の機能を発揮させる目的に使われる機械の総称。推進器を駆動する役割をもつ主機関(舶用主機)と,ボイラー(主ボイラー,補助ボイラー),推進装置(推進器,軸系),発電装置,機関部補機(各種ポンプなど)などの主機関の運転に必要な補助機械(舶用補機)ならびに付属する諸装置で構成される。このうち主機関(主ボイラーを含む)は,主機関がディーゼルエンジンのものをディーゼル船,蒸気タービンのものを蒸気タービン船と呼ぶように,船の分類にも使われ,船を特徴づける主要な機械である。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

舶用機関の関連キーワードウェスト(Charles Dickinson West)エリクソン(John Ericsson)チャールズ・ゴードン カーティス日本マリンエンジニアリング学会セシル・ホバート ピーボディ斯波 忠三郎ボードマー倉敷(市)伊藤 孝次加茂 正雄カーティス松田 清一パーソンズ松田清一コルピノ船舶工学ウェスト造船所モルド関重忠

今日のキーワード

悪魔の証明

証明が非常に困難なものごとを表す比喩表現。古代ローマ法において所有権の帰属証明が極めて困難であったことから、この言葉が初めて用いられたとされている。現代においては、権利関係や消極的事実の証明に関する法...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android