コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

エスカレーター エスカレーター escalator

翻訳|escalator

5件 の用語解説(エスカレーターの意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

エスカレーター(escalator)

階段状の踏み板がモーターにより循環移動し、昇降する装置。もと商標名。
一度その制度に乗ると、あとは自動的に上に行けること。進学などについていう。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

エスカレーター

人員を載せて建物内の階層間を昇降する機械式階段。1900年のパリ万国博覧会での米国のオーチス社による展示を契機に普及。各踏段の前後にローラーがあり,それぞれ別のレールに乗って踏段の水平が保たれる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

エスカレーター【escalator】

建物の一定の階層間を一定の速度で動き,連続的に人員を運ぶ機械式の階段。ビル内交通機関として,エレベーターとともに,デパートホテル,劇場,大規模事務所ビルなどで広く用いられているほか,地下鉄駅や高架駅に設けられて都市交通機関の一要素としての役割を担っている。エスカレーターは連続運搬の利点を有する反面,乗り降りの安全面から速度が制約されるので,運搬能力の点から見ると,短距離の運搬に適しており,2~3階層間の運搬では,エレベーターに比べて著しく大きな能力を発揮する。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

エスカレーター【escalator】

動力で人や荷物を上下に運ぶ階段状の昇降装置。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

エスカレーター
えすかれーたー
escalator

コンベヤーの一種で、動力により踏段(ステップ)を駆動し、多数の人間を連続的に昇降させる装置。移動階段、電気自動階段ともいう。ラテン語scala(はしご)からつくられたことばで、かつてはオーチス社の登録商標名であった。[中山秀太郎]

歴史

現在のエスカレーターの原型は1898年シーバーガーC. D. Seebergerらによって設計されたものであるが、当時のものは踏段の面にクリート(縦溝(たてみぞ))がなく、乗り降りには長い水平部が必要であり、乗降口付近の手すりは片側だけで、乗客は片側へ寄りながら横から乗り降りする構造であった。その後オーチス社は移動階段の試作を続け、1900年にはパリの万国博覧会に世界初公開の移動階段をエスカレーターの名で出品した。日本では1914年(大正3)東京・日本橋の三越百貨店に取り付けられ、22年にはクリート付き踏段とコム・プレート(櫛(くし)形の板)の組合せが採用され、乗り心地と安全性が飛躍的に改善された。日本では、この型のエスカレーターが23年に東京・銀座の松屋百貨店に取り付けられ、さらに28年(昭和3)に大阪の新京阪電鉄天六(てんろく)ビルに国産品として最初に取り付けられ、この型のエスカレーターが普及し、今日に至っている。[中山秀太郎]

構造

鉄骨構造の枠体(トラス)を上下2階床の梁(はり)(床)にかけ渡し、その中を左右2本の走る無端(エンドレス)の鎖に、階段に相当する踏段を取り付け、鎖を駆動させることにより踏段を循環させるものである。踏段には前輪と後輪がついていて、それぞれ案内レール上にのっている。前、後輪は、それぞれ別々に案内レール上を移動して進み、案内レールは中間では一定の傾斜をもたせ、上下両端部では曲線状をなしている。この部分では踏段は、その表面が水平になるようにしてある。踏段が両端部に近づくにつれ、階段状の段が順次なくなるようにできている。両端の所で踏段は床下に潜るが、乗降口の先端は櫛形になっていて、乗っている人の足が安全にコム・プレートに移されるようにできている。中間の傾斜角は、水平に対し普通30度である。速度は毎分30メートル以下であるが、地下鉄駅などでは毎分40メートルの速度のものもある。
 内側板(欄干)は、ステンレスのものと強化ガラスのものがあり、用途に応じて設置されている。機械室は階上の床下に設けられており、その中にある駆動用電動機は、誘導電動機(3.7~22キロワット)でヘリカルギヤ減速機を使用している。従来のウォームギヤ使用に比較して伝達効率が向上し、省エネルギー化に役だっている。電動機軸には電磁ブレーキが取り付けられており、動力電源が切れたときただちに作用して運行を停止する。踏段チェーン、駆動チェーンが切断もしくは不当に伸びたとき、踏段とスカートガードの間に物が挟まったとき、移動手すりの入り込み口に手や物が入ったときなどには安全スイッチが作動して、ただちに運行を停止するようになっている。また上下の乗降口の近くにはかならず非常用停止ボタンがあり、押すと停止する。
 輸送能力は1時間に6000~9000人で、エレベーターの10倍以上の能力がある。モーターを逆回転させることにより、上下の2方向に動かすことができるが、使用上エレベーターのように上下の切り替えは簡単にはできないので、乗客の多い駅やデパートでは二つのエスカレーターをX字形に設け、上下それぞれの専用にしている。またエスカレーターは一つの階から次の階への輸送に用いられ、エレベーターは多数階の間の輸送に用いられている点に特徴がある。[中山秀太郎]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

エスカレーターの関連キーワード角速度一定CLV終端速度配給留置天桴フラクションコレクター光速度一定の原理排卵数一定の法則面積速度一定の法則

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

エスカレーターの関連情報