コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

因明入正理論 いんみょうにっしょうりろん Nyāyapraveśaka

2件 の用語解説(因明入正理論の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

因明入正理論
いんみょうにっしょうりろん
Nyāyapraveśaka

インドのシャンカラスバーミン (商羯羅主,450頃~530頃) の著作。インド仏教論理学の大成者ディグナーガの論理学 (新因明) に関する入門書。6部に分けて論理学を説く。ジャイナ教徒もこれに種々の注釈書を作り,また中国,日本においても多くの注解書が作られ,仏教論理学の基本書として研究された。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

因明入正理論
いんみょうにっしょうりろん

サンスクリット名は『ニヤーヤプラベーシャカ』Nyyapraveakaという。6世紀のインドの論理学者シャンカラスバーミン(天主)の著作。陳那(じんな)(ディグナーガ)の『因明正理門論(いんみょうしょうりもんろん)』の内容を初心者向けに平易に書き改めた簡明な入門書である。同書と同じく、論証、知覚と推理、論難の3部よりなる。内容的には主張、証因、喩例(ゆれい)の誤謬(ごびゅう)を11命名し多少の新種を加えた以外、とくに理論的進展はみられない。ただし、漢訳された数少ない仏教論理学書のなかでも、中国、日本で多数の注釈書が著され、もっともよく研究されたものである。[桂 紹隆]
『宇井伯寿著『仏教論理学』(1944・大東出版社)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

因明入正理論の関連キーワードストリーミングサーバーシャバラスバーミンブラスバンドグラスバンカーバーミンガム大聖堂テトラ リバーミンダヤーナンダ・サラスバティーウマースバーミンシャンカラスバーミン商羯羅主

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone