コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

αDATA

ASCII.jpデジタル用語辞典の解説

αDATA

DDIポケット電話がサービスを開始したデータ通信の伝送方式。デジタル対応のαDATA32とアナログ対応のαDATAの2つがある。このうちαDATA32では、PIAFSと同様に32kbps(実行速度28.8Kbps)でのデータ通信が可能。αDATAはメディア変換方式と呼ばれており、先方のメディアによらず利用できる点がPIAFSと大きく異なる。PIAFSでは、発信者側だけでなく受信者側にもTAPなりPTEといったPIAFS対応の機器が必要とされる。これに対しαDATAでは、無線Internet通信(デジタル)、無線モデム通信(アナログ)、無線FAXモデム通信(14.4kbps)の3機能を備え、先方がISDN対応のプロバイダー、アナログ対応のプロバイダー、アナログFAXの場合にも利用できることを特徴としている。αDATAの伝送の特徴は、PIAFSがEnd-to-Endでエラーを修正するのに対し、PHS端末と基地局間でエラー訂正が完了する点にある。PHSの伝送途中に生じるエラーは、主に無線部分で起きるため、基地局でエラーを訂正しても問題はない。

出典 ASCII.jpデジタル用語辞典ASCII.jpデジタル用語辞典について 情報

αDATAの関連キーワードエスイーディーエーエーピーCDMA2000 1xEVSDREDO DRAMデータ復旧ソフトデータ抹消ソフトデータフロー図DBコネクターHDLC 手順FMデータ放送データセンターデータショーDIF 形式バックデータFDDIアメダスHDLCEDPSDCSFDR

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android