コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

第二電電 だいにでんでん

3件 の用語解説(第二電電の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

第二電電
だいにでんでん

通称は DDI長距離系の第一種電気通信事業者1984年第二電電企画として設立。 85年の電気通信事業法の改正に伴い現社名に変更,同時に第一種電気通信事業許可を取得し 86年より専用サービスを開始。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

だいにでんでん【第二電電】

1985年(昭和60)の通信自由化政策により設立された日本電信電話( NTT )以外の長距離系の国内通信事業者の総称。狭義には、同年に設立された同名の第一種通信事業者。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

第二電電
だいにでんでん

電気通信事業の民間開放によって設立された通信会社。通称DDI。1984年(昭和59)京セラ社長稲盛和夫(1932― )らにより第二電電企画として設立、85年に第二電電株式会社となった。京セラ、ソニーウシオ電機セコムなど225の株主により、ベンチャー的精神で出発した。デジタル・マイクロウェーブ方式によりネットワークを構築し、1986年に東京・名古屋・大阪を結ぶ専用サービスを、87年に市外電話サービスを開始した。1992年(平成4)には全国サービス網を完成したが、もっとも低廉な料金の回線に自動的に接続するLCR機能を有したアダプター半導体チップに集約化した「α‐LCR」の開発が顧客の利便性を高め、同社発展に貢献した。PHS事業の子会社としてDDIポケット電話グループ9社を設立、携帯・自動車電話事業の子会社としてDDIセルラー電話グループ8社を創設したほか、日産自動車などとツーカーセルラー東京および東海を設立した。1997年にDDIセルラー電話グループは、関東、東海地区をエリアとするトヨタ系の日本移動通信(IDO(イドー))との全面提携を発表した。2000年10月には、第二電電、KDD(ケイディディ)、日本移動通信の3社が合併し、日本電信電話(NTT)に次いで第2位の通信会社、ディーディーアイが誕生した。なお、ディーディーアイは2001年4月社名をケイディーディーアイに、さらに02年11月にはKDDIと変更した。合併前の第二電電の資本金726億円(2000)。[中村青志]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

第二電電の関連キーワード任意出頭土讚線エンテイみゅう玉堂美術館青梅きもの博物館青梅市郷土博物館青梅市立美術館岐阜[県]大阪市営地下鉄

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

第二電電の関連情報