先方(読み)さきしがた

精選版 日本国語大辞典「先方」の解説

さき‐しがた【先方】

〘名〙 (「し」はもと強めの助詞) ほんのちょっと前。さっきしがた。
※搦手から(1915)〈長谷川如是閑〉にほひ「東京へ行って、先(サキ)し方(ガタ)(けへ)って来ただよ」

せん‐ぽう ‥パウ【先方】

〘名〙 相手の人。相手方。また、さきの方。むこう。前方。〔運歩色葉(1548)〕
※当世書生気質(1885‐86)〈坪内逍遙〉三「更に先方(センパウ)へ尋ねていって」

さき‐かた【先方】

〘名〙 相手の人。相手かた。せんぽう。
※評判記・色道大鏡(1678)一五「養子につかわして、其先方(サキカタ)より縁をもとむるぞといひふくめてをくる」

さき‐がた【先方】

〘名〙 時間的にほんの少し前。ちょっと前。さっき。
※油地獄(1891)〈斎藤緑雨〉三「先刻(サキガタ)顔を覚えた客だと思えば其処が商売で」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「先方」の解説

せん‐ぽう〔‐パウ〕【先方】

さきの方。向こう。「先方の山」
相手がた。「先方の意向を聞く」⇔当方
[類語](1向こうまのあたり面前目の前眼前現前鼻先目先目前鼻面はなづら鼻っつら前面正面真ん前手前直前目と鼻の先手近い程近い近い間近い間近じきすぐ至近近く手が届く指呼しこ咫尺しせき目睫もくしょう目睫もくしょうかん身近手近卑近身辺そば傍ら手元付近近辺近傍近所最寄りもと足元座右左右手回り身の回り/(2相手相手方先様向こうさま・相手側

さき‐がた【先方】

ちょっと前の時。さっき。先ほど。
「―顔を覚えた客」〈緑雨・油地獄〉

さき‐かた【先方】

相手の人。相手方。せんぽう。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

ワールドカップ

4年ごとに開催されるサッカーの世界選手権。国際サッカー連盟(FIFA(フィファ))が主催し、その加盟協会の代表チームによって争われる。[大住良之]概要FIFA傘下の6地域連盟ごとの「予選大会」と、それ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android