コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

א数 アレフすう

世界大百科事典 第2版の解説

アレフすう【א数】

無限な整列集合の濃度(カージナル)。たとえば可付番カージナル数αは最小なアレフ数で,これをא0とも書く(אはヘブライ字で,アレフと読む)。さらに,א0〈א1〈…〈אω〈אω+1〈…のように,すべてのアレフ数に順序数0,1,…,ω,ω+1,…で大小の順に番号をつけることができる。אα≦אβのとき,すなわちα≦βであるときには,אα+אβ=אαאβ=אβとなる。整列定理によれば無限カージナル数はすべてアレフ数で,上の公式によって和,積が簡単に計算される。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

א数の関連キーワードウォルフ黒点相対数数(かず、数学)ナンバープレース天頂修正出現数浮動小数点形式ホップカウントジャイロ振動数メルセンヌ素数マルチプルビザトゥエンティーツイート毎秒マスナンバー数を尽くしてハンドレッド浮動小数点型浮動小数点西鶴大矢数相対黒点数ウォルフ数マルチビザ

今日のキーワード

アウフヘーベン

ヘーゲル弁証法の基本概念の一。あるものを否定しつつも、より高次の統一の段階で生かし保存すること。止揚。揚棄。→アン‐ウント‐フュール‐ジッヒ →弁証法...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android