コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

《江島生島》 えじまいくしま

世界大百科事典内の《江島生島》の言及

【江島生島物】より

…徳川家に関連する不祥事として江戸時代には脚色が許されなかったが,維新後は1870年(明治3)河竹黙阿弥の《宝萊曾我島物語》に扱われたのをはじめ劇化も多くなった。おもな作は勝諺蔵の《江戸紫徳川源氏》(1881年9月大阪中座),3世河竹新七の《浪乗船江島新語(えのしましんご)》(1883年1月東京春木座),右田寅彦の《江島生島》(1916年9月東京帝国劇場),正宗白鳥の《江島生島》(1953年11月東京一ツ橋講堂,後に《夢の高遠》と改題)など。有名なのは長谷川時雨作の舞踊劇《江島生島》(1913年11月東京歌舞伎座の舞踊研究会)で,三宅島に流された新五郎が夢に江島との歓楽を見,さめれば旅商人や江島に似た海女にからんで狂乱になるという筋。…

※「《江島生島》」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

今日のキーワード

カルテット

四重唱および四重奏。重唱,重奏の形態のなかで最も基本的なもので,声楽ではルネサンスの多声歌曲の形式であるシャンソンやフロットラから始り長い歴史をもつ。器楽も同様で,特に弦楽四重奏は室内楽の全レパートリ...

続きを読む

コトバンク for iPhone