コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

《Contes》 Contes

世界大百科事典内の《Contes》の言及

【ラ・フォンテーヌ】より

… 〈多種多様こそわが座右の銘〉を標榜した彼は,折々の献呈用の各種の詩編,聖人伝の詩,オペラ台本,キナを歌った科学詩まで多くのジャンルを試みた。プラトンから同時代の小説まで手当りしだいに多読し,17世紀作家には珍しくラブレー,マロも師と仰ぎ,詩句や散文の洗練に励むと同時に古いフランス語の豊かさを,とくに《コントContes》(1665‐85)で生かそうとした。寓話はイソップの,コントはボッカッチョとアリオストの模倣から出発したように,主として古代に範を求める古典主義的創作態度を貫き,〈わが模倣は隷属に非ず〉とその真髄を喝破した。…

※「《Contes》」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

《Contes》の関連キーワードスペインとイタリアの物語レイ(Jean Ray)ビリエ・ド・リラダンマザー・グースの歌コント(短編小説)ラ・フォンテーヌホフマンの舟歌ホフマン物語ド・コステルペロー童話集フローベールマルモンテルマザーグースドーノア夫人シャバンヌロメールミュッセメルヘンディオプ月曜物語

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android