コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

残酷物語 ざんこくものがたり Contes cruels

4件 の用語解説(残酷物語の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

残酷物語
ざんこくものがたり
Contes cruels

フランスの作家ビリエ・ド・リラダン短編小説集。 1883年刊。 27の短編と7編の詩を収め,全巻を通じて,高度の理想主義と,近代社会の低劣卑俗に対する痛烈な嘲笑が示されている。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

ざんこくものがたり【残酷物語】

《原題、〈フランスContes cruelsリラダンの短編小説集。1883年刊。雑誌等に発表した短編小説と詩作品に、未発表作品4編を加えたもの。1888年には同様の短編集「新残酷物語(Nouveaux Contes cruels)」を刊行。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

残酷物語【ざんこくものがたり】

ビリエ・ド・リラダンの短編小説集。《Contes cruels》。1883年刊。当時の科学万能主義,愚昧(ぐまい)な大衆,金銭の暴威に対する痛烈な風刺が特異。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

残酷物語
ざんこくものがたり
Contes cruels

フランスの作家ビリエ・ド・リラダンの短編集。それまで種々の雑誌に発表した作品に推敲(すいこう)を施し、新たに未発表の4編を加えた全28編(このうち「恋の物語」は7編の詩)よりなる。1883年刊。没落した名流貴族の末裔(まつえい)で、時流に迎合せず、貧窮のなかで孤高の創作を続けた作者の代表作で、格調ある文体と卓抜な構成で高い評価を得ている。当時の功利的風潮を戯画化した『ビルジニーとポール』『豪華無類の晩餐(ばんさん)』、科学万能主義の倨傲(きょごう)や進歩信仰に毒された民衆の愚昧(ぐまい)を嘲笑(ちょうしょう)する『天空広告』『栄光製造機』『トリスタン博士の治療』『断末魔の吐息の化学的分析』、民衆と孤高者との対立を描く『民衆の声』『サンチマンタリスム』『群衆の焦躁(しょうそう)』、近代が生み出した狂気の畸形(きけい)的人物像をえぐりだす『最後の宴(うたげ)の客人』『人間たらんとする欲望』、また、そうした現実を超脱する方途を伝奇や神秘、夢想の世界に求めた『ポートランド公爵』『ベラ』『見知らぬ女』など、いずれも近代社会の低劣卑俗に対する仮借なき(したがって残酷な)批判と、その原動力ともいえる作者の高度の理想主義を示した名品である。[秋山和夫]
『斎藤磯雄訳『残酷物語』(1965・筑摩書房)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

残酷物語の関連キーワードリラダンレオトービリエドリラダンフラダンスフランス領ソマリランドガラスの短剣二十一の短編ヴィ・ド・フランスビリエ・ド・リラダンペラダン

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

残酷物語の関連情報