コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

「早発白帝城」李白

1件 の用語解説(「早発白帝城」李白の意味・用語解説を検索)

とっさの日本語便利帳の解説

「早発白帝城」李白

<有名な漢詩の一節>
朝辞白帝彩雲間 千里江陵一日還

朝に辞す白帝彩雲の間、千里の江陵一日にして還る

朝焼け雲のかかる山上に白帝城を見て発ち、長江を軽快に下って千里離れた江陵に一日で還ってきた。重なりあう山々の間をゆく軽舟、その上に身をまかせる旅人の耳に、両岸の猿の声が啼きやまず聞こえる。「三峡くだり」は、この詩の味わい確かめる旅でもある。

出典|(株)朝日新聞出版発行「とっさの日本語便利帳」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

「早発白帝城」李白の関連キーワード白帝城一日の計は晨にあり草千里雲間江陵千里千里の馬虎は千里往って千里還る二千里白帝

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone