「早発白帝城」李白

とっさの日本語便利帳の解説

<有名な漢の一節>
朝辞白帝彩雲間 千里江陵一日還

朝に辞す白帝彩雲の間、千里の江陵一日にして還る

朝焼け雲のかかる山上に白帝城を見て発ち、長江を軽快に下って千里離れた江陵に一日で還ってきた。重なりあう山々の間をゆく軽舟、その上に身をまかせる旅人の耳に、両岸の声が啼きやまず聞こえる。「三峡くだり」は、この詩の味わいを確かめる旅でもある。

出典 (株)朝日新聞出版発行「とっさの日本語便利帳」とっさの日本語便利帳について 情報

今日のキーワード

ノーブレスオブリージュ

《「ノブレスオブリージュ」とも》身分の高い者はそれに応じて果たさねばならぬ社会的責任と義務があるという、欧米社会における基本的な道徳観。もとはフランスのことわざで「貴族たるもの、身分にふさわしい振る舞...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android