千里(読み)せんり

精選版 日本国語大辞典「千里」の解説

せん‐り【千里】

〘名〙 一里の千倍の距離。約三九三〇キロメートル。転じて、千里ほどの遠い所。遠方。千里におよぶほどの広い地域。
※懐風藻(751)暮春曲宴南池〈藤原宇合〉「夫王畿千里之間、誰得勝地
※読本・椿説弓張月(1807‐11)拾遺「都鄙参詣の良賤、千里(センリ)を遠しとせず」 〔経‐商頌・玄鳥〕

ち‐さと【千里】

〘名〙
① 多くの村里。あちこちの村々。
※長秋詠藻(1178)中「月清み宮この秋をみわたせばちさとにしける氷なりけり」
② 長い道のり。遠い距離。また、はるかかなたの所。せんり。
※古今六帖(976‐987頃)五「はるばると千さとの程をへだててはまれの使ひもうれしかりけり」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「千里」の解説

ち‐さと【千里】

数多くの村里。
「月清みよもの大空雲消えて―の秋をうづむ白雪」〈拾遺愚草・上〉
たいへん遠い道のり。せんり。
「―を行くも親心、子を忘れぬと聞くものを」〈隅田川

せん‐り【千里】

1里の1000倍。転じて、きわめて遠い所。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

普及版 字通「千里」の解説

【千里】せんり

遥か。遠い。〔青箱雑記、七〕陳、未だ時にはず。嘗(かつ)て詩を作りて曰く、千里の好山に、雲乍(たちま)ち斂(をさ)まり 一樓のに、雨初めてると。

字通「千」の項目を見る

出典 平凡社「普及版 字通」普及版 字通について 情報

今日のキーワード

野選

《「野手選択」の略》野球で、打球を捕った野手が一塁で打者をアウトにできるのに、先行走者をアウトにしようと他の塁へ送球し、間に合わずに全走者を生かすこと。フィールダースチョイス。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android