両岸(読み)りょうがん

精選版 日本国語大辞典「両岸」の解説

りょう‐がん リャウ‥【両岸】

〘名〙 川などの方の。りょうぎし。
経国集(827)一四・漁歌五首〈嵯峨天皇〉「寒江春暁片雲晴、両岸花飛夜更明」 〔李白‐早発白帝城

りょう‐ぎし リャウ‥【両岸】

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

普及版 字通「両岸」の解説

【両岸】りよう(りやう)がん

川の両岸。王士禎にて内(妻)に寄す、二首、一〕詩 橋の兩岸、千條の柳 り盡す、東西、水を渡るの人

字通「両」の項目を見る

出典 平凡社「普及版 字通」普及版 字通について 情報

今日のキーワード

完全試合

野球で,先発投手が相手チームを無安打,無四死球に抑え,さらに無失策で一人の走者も許さずに勝利した試合をいう。 1956年ニューヨーク・ヤンキーズのドン・ラーセン投手がワールドシリーズでブルックリン・ド...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android