『シグルイ』(読み)しぐるい

知恵蔵の解説

『覚悟のススメ』(秋田書店)などで知られる山口貴由が歴史小説家南條範夫の「無明逆流れ」(『駿河城御前試合』所収)に触発されて描き始めた残酷武士道マンガ。原作は40ページに満たない短編だが、マンガ版はすでに9巻を数えており、山口のオリジナルな発想によるところ大といえる。数奇な宿縁に絡み取られていく対照的な性格の天才剣士の対決と、その悲劇性を盛り上げるように次々と倒されていく怪異な武芸者たちの一瞬の光芒(こうぼう)が見もの。フェティッシュなまでの筋肉の描き方、内臓のこぼれ出る描写など他に類を見ない世界を構築しており、「チャンピオンRED」という少部数の雑誌に連載されている作品ながら、単行本が出たばかりのころから一部ファンの注目を浴びていた。2007年7月からWOWOWでアニメ放送が始まったが、残酷なシーンが多いため、R-15(15歳以下の視聴禁止)扱いとなっている。秋田書店刊。

(鈴木繁 朝日新聞記者 / 2008年)

出典 (株)朝日新聞出版発行「知恵蔵」知恵蔵について 情報

今日のキーワード

ノーブレスオブリージュ

《「ノブレスオブリージュ」とも》身分の高い者はそれに応じて果たさねばならぬ社会的責任と義務があるという、欧米社会における基本的な道徳観。もとはフランスのことわざで「貴族たるもの、身分にふさわしい振る舞...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android